MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. GRヤリス

新開発4WD「GR-FOUR」、専用リヤサス、専用ボディを採用。専用ファクトリーで製造! 1.6L直3ターボで272ps!トヨタ「GRヤリス」世界初公開!【東京オートサロン2020】

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタGRヤリスと豊田章男社長、友山茂樹副社長

1月10日より千葉県の幕張メッセで開幕した、「東京オートサロン2020」のトヨタガズーレーシングブースには、「GRヤリス」が出品。その詳細が明らかにされた!

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢、トヨタ自動車

トヨタGRヤリスRZハイパフォーマンスファーストエディション

 トヨタは2017年よりWRCに参戦し、2018年はマニュファクチャラー選手権、2019年はドライバーおよびコ・ドライバー選手権などのタイトルを獲得している。そのノウハウを惜しみなく投入したモデルが「GRヤリス」であると、トヨタは位置付けている。また、GRスープラに続く、トヨタガズーレーシングが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第2弾ともされている。

トヨタ自動車の友山茂樹副社長
 トヨタ自動車の友山茂樹副社長は、「このコンセプトは明快で、一言で言えばラリー王国トヨタを不動のものとするウェポン。2015年夏のフィンランドで豊田章男社長はトミ・マキネンと意気投合しWRC参戦を決意し、2016年秋にそのテストカーを使用した豊田は、WRCで通用する4WDスポーツ、しかも次期WRカーのベースとなりうる市販車の開発に着手するよう指示を飛ばした」と、その誕生の経緯を明かした。

苦難の連続だった開発初期の様子
 しかし、「セリカGT-FOUR以来20年ぶりの本格4WDスポーツの開発だと意気込んだものの、トヨタにはそのノウハウも経験する技術者もなく、手探りの出発となった。最初の試作車は曲がらないと思ったらいきなりスピンするようなもので、ピットに戻ってきたらオイルが逆流して煙がモクモクと…正直これは大変なことになったと思った」と述懐。「それでもどうしたら意のままに操れる4WDになるのか、エンジニアからテストドライバー、プロドライバー、そしてこの私も一緒になって試行錯誤しながら仕上げてきた」という。

 そして、「実はまだマスタードライバーのモリゾウからは合格点をもらっていない。発売ギリギリまでたゆまぬ改善が続く。午後のトークショーではここでは語り尽くせない苦労話を関係者と一緒に熱く語っていく」とのこと。「いずれにせよ、GRヤリスは従来のトヨタ車では考えられないスーパーホットハッチになった」。

GRヤリスのパワートレインとベアシャシー

 そのGRヤリスには、272psを発するコンパクトな直列3気筒1.6Lターボエンジン、多板クラッチによる前後駆動力可変システムを用いた新開発のフルタイム4WD「GR-FOUR」を採用。それを支える専用リヤダブルウィッシュボーンサスペンションをおごった結果、トレッドは86よりワイドだという。さらにフロントフード、左右ドア、バックドアアルミ製で、ルーフはCFRP製として軽量化。バッテリーはリヤ配置し、前後重量配分にも配慮している。

 また友山副社長は、「GRヤリスはクルマを操る愉しさを教えてくれるクルマでもある」と強調。「今まで走ったことのない雪道を走ってみたい、ラリーに挑戦してみたいというように、お客様の心にFun To Drive,Again.を呼び覚ます」とも付け加えた。

GRファクトリーのイメージ
 そして、「市販車を改造してレースに出すのではなく、最初からレースに勝つためのクルマを作るという発想で開発されたのが、このGRヤリスだ」と説明。それは開発だけでなく製造ラインにも大きな変革をもたらしている。GRヤリスを機に、スポーツカーを生産するGR専用ライン「GRファクトリー」を(元町工場内に)新設した」ことを明かした。

 このファクトリーは複数のセルをAGVでつなぐコンベアレスのボディと組み立てられるよう構成されている。これによって、スポーツカーには不可欠な高剛性化と、高精度な組み付け作業が可能となった。また、少量生産車にありがちな品種変量にも生産性を落とすことなく対応可能となった。このファクトリーにはトヨタ全社から熟練工が集められ、技能伝承の場としても活用される」という。

トヨタGRヤリスRZハイパフォーマンスファーストエディション

 このGRヤリスは、本日より国内先行予約が開始され、夏頃に発売予定。先行予約限定モデルとなる特別仕様車「RZファーストエディション」は、RZグレードをベースに、マットブラック塗装を施したラジエターグリル、フロントサイドディフューザー、リヤスポイラー及びリヤバンパーを特別装備。

トヨタGRヤリスRZハイパフォーマンスファーストエディション

「RZ“ハイパフォーマンスファーストエディション」はさらに、RZグレードをベースに、トルセンLSD、冷却スプレー機能付空冷インタークーラーやBBS製鍛造アルミホイールなど「ハイパフォーマンス」の装備に加え、「RZファーストエディション」の特別装備とともにマットブラック塗装のBBS製鍛造アルミホイールも備えた仕様としている。

 車両本体価格は「RZファーストエディション」が396万円(税込)、「RZ“ハイパフォーマンスファーストエディション」が456万円(税込)。欲しいなら今すぐ専用サイトにアクセス!

トヨタGRヤリススペシャルサイト

【SPECIFICATIONS】
<トヨタGRヤリスRZハイパフォーマンスファーストエディション>
全長×全幅×全高…3995×1805×1460mm
ホイールベース…2558mm
車両重量…1280kg
乗車定員…4人
エンジン形式…直列3気筒DOHC直噴ターボチャージャー
エンジン型式…G16E-GTS
排気量…1618cc
最高出力…200kW[272ps]
最大トルク…370Nm[37.7kgm]
トランスミッション…6速iMT
駆動方式…4WD
差動装置…スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”(トルセンLSD×2(フロント、リヤ)+電子制御多板クラッチセンターデファレンシャル/4WDモードダイヤルスイッチ(NORMAL/SPORT/TRACK))
サスペンション(前/後)…マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ(前後)…ベンチレーテッドディスク
タイヤ(前後)…225/40ZR18/225/40ZR18
車両本体価格…456万円

トヨタGRヤリスのエンジンは化け物レベル!GR4のためだけに仕立てた、その名は「G16E-GTS」

東京オートサロン2020でお披露目となったトヨタGRヤリス。3気筒の1.6ℓという形式はこれまでのトヨタにはないものだったので、...

あわせて読みたい
トヨタGRヤリスRZハイパフォーマンスファーストエディション

トヨタGRヤリスの396万円はバーゲンプライスだ!「GRヤリス」と「ヤリス」はまったく別のクルマだ

東京オートサロンでワールドプレミアされたトヨタGRヤリス。期待を上回るスペックと期待通りの「低価格」で登場した。「396万...

あわせて読みたい

誰でも簡単にドリフト!? 異例の前後駆動力配分を持つトヨタGRヤリスのAWDシステムGR-FOURとは?

オンデマンド式なのにフロント30:リヤ70の駆動配分? 機械の構造からはどうなっているのかが理解できない数字である。果た...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ