MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. インプレッション

ダイハツ・タフト:出来良し。スーパーである必要がない「ハイト系」のタフトはターボかNAか? 価格差実質7万7000円で悩むところ

このエントリーをはてなブックマークに追加
左がNAのG、右がターボのGターボ

スズキ・ハスラーのライバルとして登場したタイハツ・タフトは、ダイハツの狙いとおりに売れている。ポイントは「前席優先」で「パーソナルな使い方」だ。ファーストカーとして充分以上のユーティリティと性能を持つタフトのターボモデルとNAモデルを試乗した。
TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

NA(左)はレイクブルーメタリック、ターボ(右)はフォレストカーキメタリック。

2020年6月の国内新車販売台数(軽自動車と商用車を除く)は18万2128台だった。軽自動車(乗用車)の販売台数は10万1764台だった。乗用車全体に占める軽自動車の割合は35.8%に達する。地域によって偏りはある(もっと比率の高い地域がある)が、販売されているクルマの3台に1台強は軽自動車なのだ。それだけ販売競争は激しいことを意味し、開発競争も激しくなって商品のクオリティが上がっていく……ように感じられる。

6月の軽自動車販売ランキングでトップ3を占めたのは、ホンダN-BOX(1万5557台)、スズキ・スペーシア(1万2072台)、日産ルークス(9431台)だった。7月のトップ3はホンダN-BOX(1万6222台)、スズキ・スペーシア(1万3338台)、ダイハツ・タント(1万3108台)である。3位が入れ替わっているが、6月も7月も、スーパーハイトワゴンに分類されるモデルが上位を独占していることに変わりはない。

ダイハツ・タフト G(FF) 全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1630mm ホイールベース:2460mm
ダイハツのスーパーハイト系であるタントの全高は1755mm(125mm高い)。室内長×幅×高は2180mm×1350mm×1370mm(タフトより80mm長く45mm幅広く100mm高い)

6月10日に発売されたダイハツ・タフトはクロスオーバーのニューカマーで、すでに2代目に移行しているスズキ・ハスラーと競合する。どちらも、タフさを前面に押し出したエクステリアデザインが特徴だ。軽自動車の販売データを見ると、タフトは6月に初登場して9位にランク(5079台)。7月は8位(6300台)に順位を上げた。4500台の月販目標に対し、発売から1ヵ月で約1万8000台を受注したという。ダイハツの狙いはまんまと当たったというわけだ。

ダイハツ・タフト vs スズキ・ハスラー! 宿命のライバルを比べてわかったそれぞれの長所と短所とは?

セナとプロスト、馬場と猪木、江川と西本…。どの世界にも、宿命のライバルというものが存在する。6月10日に発売が開始となっ...

あわせて読みたい
9インチスタイリッシュメモリーナビは22万6776円のディーラーオプション
後席も充分以上に広い。
室内長×幅×高:2050mm×1305mm×1270mm

タフトは角張ったスタイルをしているため、絶対的なサイズは小さいけれども存在感はあり、力強さを感じる。前後のバンパーを切り欠いてタイヤトレッド面の露出を大きくしているのは、タフさを演出するためだ。パーソナルユースに割り切ったコンセプトなので、後席ドアはスライド式ではなくヒンジ式である。

ダイハツはタフトの前席を「クルースペース」、後席を「フレキシブルスペース」と名づけて役割を明確に切り分けている。ネーミングから想像できるように、前席重視の設計で、例えば、後席シートのスライド機構は不採用とした。機能はひとつ減ることになるが、得られるメリットのほうが大きいと判断したのだ。シートスライド機構を廃したぶんだけシート位置を下げることができ、充分なヘッドクリアランスを確保したうえで車高を抑えることができる。シート位置や車高を抑えることができれば重心の低下にも寄与するので、車両運動性能の面でもありがたい。

荷室のフロア面は地上700mmと高め。開いたテールゲートの持ち手部分は地上1785mm。最小回転半径:4.8m トレッド:F1300mm/R1295mm 最低地上高:190mm
ノーマルのラゲッジルームがこちら。
サブトランクは深さもあって使いやすそうだ。
後席は分割可倒式
後席を倒せば、奥行きは1300mmまで広がる

タフトのウリのひとつは全車に標準で装備する「スカイフィールトップ」だ。固定式のガラスルーフ(つまり、開閉しない)である。カーテンを開け閉めするように、手動式のシェードでガラス面を隠したり露出したりすることができる。この手のルーフは後席に乗らないと良さが味わえなかったりするのだが、さすがは「前席優先」のタフトだ。Aピラーが前方にあり、さらに角度が立っているので、運転者に対してかなり前方にガラスの起点が位置する。そのため、フロントウインドウ越しに前方を注視していても、頭上の開放感が存分に味わえる。

全車標準のスカイフィールトップは抜群の開放感を生む。

最新の軽自動車に乗るたびに質の高さに驚き、気配りに感心することしきりだが、タフトも例外ではない。ペットボトルの置き場所にも、スマホの置き場所にも困らないし、使いやすい位置にUSBのソケットがある。センターのディスプレイは9インチで充分な大きさがあり、スマホ連携機能を備えている(これはオプション設定)。電動パーキングブレーキは、いまや軽自動車でも標準になった電動式だ。

ヘッドライトは全車LEDである。衝突回避支援ブレーキ機能や衝突警報機能、車線逸脱抑制制御機能などの衝突回避支援機能は全車に標準装備。ターボエンジン搭載車(Gターボ)は、全車速追従機能付きACCとLKC(レーンキープコントロール)を標準で装備する。安全と快適に関する装備は登録車(5バンバー車/3ナンバー車)と変わらない。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ