Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

スバル新型レヴォーグ おすすめグレードは、走りのSTI Sportか。アイサイトXの「EX」は選ぶべきか? 全ボディカラーもお見せします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
いよいよ正式発表されたスバル新型レヴォーグ。価格はGTの310万2000円〜STI Sport EXの409万2000円

新型レヴォーグがついに正式発表された。正式な価格も発表になった。10月15日が発表日で発売日は11月25日となる。初年度月販目標台数は2200台だ。グレードと価格、装備、そしておすすめグレードについて、まとめた。
新型レヴォーグの先行予約台数は、2020年8月20日から10月14日までに8290台に達したとスバルは発表した。アイサイトX搭載グレード(つまりEXグレード)が全体の93%を占めたという。

目次開く

グレード構成と価格は?

新型レヴォーグ 車種体系と価格

充実装備のベースグレード:GT/GT-EX

18インチホイールと電動リヤゲートの中間グレード:GT-H/GT-H EX

ZF製電子制御式ダンパーを装着する走りのグレード:STI Sport/STI Sport EX

38万5000円高の「EX」グレードは選ぶ価値あり

注目の新開発1.8ℓエンジンは?

お勧めグレードはどれか?

ジャーナリストが進める走りのグレードは?

ボディカラーは? WRブルー・パールはSTI Sport/STI Sport EXの専用色

グレード構成と価格は?

まずは、グレードと価格の構成を見てみよう。

まさに全方位進化! スバル新型レヴォーグの全貌がついに明らかに。注目は1.8L直噴ターボとアイサイトXだ

スバルの新型レヴォーグの先行予約受付がいよいよ8月20日から開始となり、同時にその全貌が明らかとなった。新開発の1.8Lター...

あわせて読みたい

新型レヴォーグ 車種体系と価格

グレードの基本構成は、[GT]、[GT-H]、[STI Sport]の3種類だ。
装備はエントリーグレードのGTでも充実しており、安全装備のアイサイトコアテクノロジーは全車に標準装備される。新開発のステレオカメラと前後の側方レーダー、後部の超音波センサーで対象物を検知し車両の全方位をカバーする。衝突被害軽減ブレーキは右左折時の歩行者も検知できる。ACCも全車速追従型だ。

充実装備のベースグレード:GT/GT-EX

ベースグレードのGTは310万2000円。写真はGT EX。ベースグレードといっても装備は充実している。ボディサイズは、全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm ホイールベース:2670mm。

グレードの基本構成は、[GT]、[GT-H]、[STI Sport]の3種類だ。
装備はエントリーグレードのGTでも充実しており、安全装備のアイサイトコアテクノロジーは全車に標準装備される。新開発のステレオカメラと前後の側方レーダー、後部の超音波センサーで対象物を検知し車両の全方位をカバーする。衝突被害軽減ブレーキは右左折時の歩行者も検知できる。ACCも全車速追従型だ。

交差点での出会い頭の事故を回避! 新型スバル・レヴォーグが積む最新アイサイトの実力は別格だ

10月15日に正式発表を予定しているスバルの新型レヴォーグ。先行受注も好調という噂を耳にするが、その人気を支えている要因...

あわせて読みたい
スバル自慢のアイサイトは、新型レヴォーグでさらに進化している。

右左折時の「出会いがしら」のようなシチュエーションも考えられている。
さらにアイサイトセイフティプラスの運転支援テクノロジーも全車に標準装備される。リヤビークルディテクション、サイト/カーテン/ニーエアバッグ、衝突時に座面を持ち上げてシートベルトを適切に作動させる助手席シートクッションエアバッグ、ボンネットとフロントウィンドウ付近で展開する歩行者保護エアバッグも全車標準装備だ。

スバル新型レヴォーグは助手席シートクッションにもエアバッグを装備! 衝突安全性能がさらに進化

「2030年に死亡交通事故ゼロを目指す」と公言しているスバル。アイサイトによる予防安全技術のレベルアップは著しいが、それ...

あわせて読みたい

18インチホイールと電動リヤゲートの中間グレード:GT-H/GT-H EX

スバル・レヴォーグ GT-H EX ■ボディサイズ 全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm ホイールベース:2670mm 車両重量:1570kg 乗車定員:5名 最小回転半径:5.5m 燃料タンク容量:63ℓ

中級グレードのGT-Hは、タイヤが225/45/R18になる(GTは215/50R17)。またアルミパッド付きスポーツペダルやランバーサポートも含めた10ウェイの調整が可能な運転席シートを装備。リヤゲートの電動開閉機能も備わる。

ZF製電子制御式ダンパーを装着する走りのグレード:STI Sport/STI Sport EX

STI Sportの価格は370万7000円。STI Sport EXは409万2000円だ。
■燃費 WLTCモード:13.6km/ℓ(社内測定値) JC08モード:16.5km/ℓ(社内測定値)
STI Sportには、ZF製電子制御式ダンパーがつく。
ドライブモードセレクトは、各モードのほかに「Individual」というモードがあり、ドライバーの好みの運転性に仕上げられるのが魅力だ。

最上級のSTIスポーツには、ZF製電子制御式ダンパーが備わる。ダンパーの減衰力だけでなくパワーステライングの操舵感、AWDの前後駆動力配分、クルーズコントロール作動時における加減速の反応など、走りの性格を幅広く変えられるドライブモードセレクトを装備する。

38万5000円高の「EX」グレードは選ぶ価値あり

これらの3グレードをベースに、それぞれ充実装備の「EX」グレードが設定されている。EXグレードは38万5000円高になる。

このEXグレードには、今回のレヴォーグのハイライトのひとつである「アイサイトX」を装備する。渋滞時の手離し運転を可能にする現在最先端とも言える先進安全装備のアイサイトXに、11.6インチセンターディプレイと12.3インチのフル液晶メーター、各種コネクテッドサービスもEXには標準装備される。このほか、ドライバーの死角を効果的に補うデジタルマルチビューモニターとドライバーモニタリングシステムなど安全装備も強化される。

ちなみに、EXを選ばなくても11.6インチセンターディスプレイは、GT、GT-H 、STIスポーツにオプションで装着可能。27万5000円のセットプションになる。言い換えれば、アイサイトXと12.3インチフル液晶メーターが11万円ということになる。

注目の新開発1.8ℓエンジンは?

■エンジン 型式:CB18 形式:水平対向4気筒DOHCターボ 排気量:1795cc ボア×ストローク:80.6×88.0mm 圧縮比:10.4 最高出力:177ps(130kW)/5200-5600rpm 最大トルク:300Nm/1600-3600rpm 燃料供給方式:筒内直接噴射 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

新型レヴォーグのエンジンは、新開発の1.8ℓ水平対向4気筒ターボのみ。このエンジンはリーン燃焼を実現した意欲的な新エンジンだ。最高出力は177ps、最大トルクは300Nmで、従来の1.6ℓ水平対向4気筒ターボ(170ps/250Nmだったから、7ps/50Nmの出力向上だ。パワーではなくトルク、そして燃費を考えた新エンジンも新型レヴォーグの大きなチャームポイントになる。

CB18型水平対向4気筒リーンバーンターボについては、こちらの記事で詳しく解説している。

スバルの1.8ℓリーンバーンターボ「CB18型」とはどんなエンジンか? 新型レヴォーグ搭載の新エンジンは最新技術が詰まった完全新規開発だ(前編)

間もなく登場するスバルの新型レヴォーグには、完全新規開発の1.8ℓ水平対向4気筒リーンバーンターボが搭載される。型式名は「...

あわせて読みたい

ガソリンターボで熱効率40%超を実現できた秘密とは? 完全新設計のボクサーエンジン「CB18」に迫る【スバル新型レヴォーグ詳密解説】

スバルが10月15日に発表を予定している新型レヴォーグの心臓は、1.8L直噴ターボエンジンが搭載される。型式は「CB18」。従来...

あわせて読みたい

スバル新型レヴォーグの新1.8ℓ水平対向4気筒ターボCB18 vs マツダSKYACTIV-X リーン燃焼の新世代エンジンを比べてみる

スバルが新型レヴォーグでデビューさせる新世代水平対向エンジン、CB18型1.8ℓ水平対向4気筒ターボは、「リーン燃焼」がひとつ...

あわせて読みたい

新型レヴォーグの新1.8ℓCB18型水平対向4気筒ターボから次期インプレッサが搭載する1.5ℓCB15型を予想する。スバルのパワートレーン戦略

スバルは、新型レヴォーグに搭載する新世代の水平対向4気筒リーンバーンターボ(CB18型)を発表した。現行レヴォーグが搭載す...

あわせて読みたい

お勧めグレードはどれか?

フルインナーフレームとなったSGPでボディ剛性は大幅に向上した。ねじり剛性は先代から44%もアップしている。

まず、どのグレードにするにしても「EX」を選ぶかどうか? これは、いま最先端と言ってよい先進安全装備の「アイサイトX」と11.6インチのセンターディスプレイのほかにもさまざまな安全装備、コネクテッドサービスが付いて38万5000円。コネクテッドサービスは、エアバック展開時の自動通報も可能になる。予算に余裕があれば、ぜひEXを選びたい。

GT EXの車両本体価格は348万7000円。GT-Hより16万5000円高になるが、EXの先進安全機能は魅力的。

コストパフォーマンスを考えるとベストは、「GT EX」ではないだろうか。GTとGT-Hの価格差は22万円。この22万円の内訳は、アルミホイールのサイズが17インチから18インチになること、運転席の調整が8ウェイから10ウェイになること、後席にシートヒーターが付くこと、そしてリヤゲートの電動機能が付くことだ。
GT EX:348万7000円
GT-H:332万2000円
で中間グレードのGT-Hより16万5000円高になるが、EXの先進安全機能は魅力的だ。

ジャーナリストが進める走りのグレードは?

GT系(GT、GT-H)と比べてもSTI Sportの走りはワンランク上。誰でも感じ取れるくらい違いがある。
先代レヴォーグでもSTIスポーツの人気は高く、レヴォーグ全体の40-50%を占めたという。

テストコースとサーキットで開催された試乗会でテストドライブをしたジャーナリストがお勧めするのは、STI Sportだ。ZF製の電子制御式ダンパーの性能は、格段に高まったボディ剛性と相まって非常に高い。また、前述の「ドライブモードセレクト」も実際に高価を体感できる装備だし、運転席は本革シートになる。
STI SportとGT-Hの価格差は38万5000円。
GT-H EX:370万7000円
STI Sport:370万7000円
で、同価格となる。
先進安全装備のGT-H EXと走りのSTI Sportで迷う人が続出するのではないだろうか?
もちろん、予算に余裕があればSTI Sport EX(409万2000円)がベストである。ただし、車両価格は400万円の大台にのってしまうのだが、その価値は充分にあるだろう。

スバル新型レヴォーグ 最上級グレードのSTI Sport+アイサイトXが売れるのは納得! 電子制御ダンパーの採用で走りの印象が大きく変わった

スバルの新型レヴォーグは8月20日から先行予約を受け付けている(発表は10月15日を予定)。聞くところによると、注文の多くは...

あわせて読みたい

スバル新型レヴォーグ グレード選択に迷ったら | スポーツ4WDの強力なトラクションと安定感によるスバルの走りを極めたいなら「STI SPORT」だ

間もなく正式発表されるスバル新型レヴォーグ。袖ヶ浦フォレストレースウェイで行なわれた試乗会では、新型のGT-HとSTI Sport...

あわせて読みたい

乗り比べてわかった! 新型スバル・レヴォーグのオススメが断然「STI Sport」な理由とは?

先代レヴォーグでも定評のあった走行性能だが、新型レヴォーグの進化は想像以上だった。サーキットで限られた時間の試乗でも...

あわせて読みたい

先代レヴォーグとの比較はこちらを参照していただきたい。

スバル新型レヴォーグ・新旧比較:ボディサイズは? エンジンは? アイサイトは? 6年分の進化を比べてみた

スバルの主力車種、レヴォーグが初めてのフルモデルチェンジを迎えることとなった。プラットフォーム、エンジン、アイサイト...

あわせて読みたい

ボディカラーは? WRブルー・パールはSTI Sport/STI Sport EXの専用色

ボディカラーは全8色。そのうち「WRブルー・パール」はSTI SportとSTI Sport EXの専用色で、他のグレードでは選べない。またクリスタルホワイトパールは33000円高(消費税込み)となる。

クリスタルホワイト・パール(STI Sport クリスタルホワイト・パール)33000円高
アイスシルバー・メタリック(STI Sport アイスシルバー・メタリック)
マグネタイトグレー・メタリック(STI Sport マグネタイトグレー・メタリック)
クリスタルブラック・シリカ(STI Sport クリスタルブラック・シリカ)
ピュアレッド(STI Sport ピュアレッド)
クールグレーカーキ(STI Sport クールグレーカーキ)
ラピスブルー・パール(STI Sport ラピスブルー・パール )
WRブルー・パール(STI Sport WRブルー・パール)STI Sport/STI Sport EXの専用色

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ