Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 4シリーズ

大胆なキドニーグリルを採用したBMWの新型「4シリーズ・クーペ」が上陸! 税込価格は420iの577万円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日、ビー・エム・ダブリューはフルモデルチェンジを受けて二代目となった新型「4シリーズ・クーペ」の日本導入を発表し、同日発売した。税込車両価格は577万円〜1025万円で、顧客への納車は11月以降の予定だ。

3シリーズのスポーティな走りに一層の磨きをかけ、クーペらしいダイナミックな走りを実現

4シリーズは、プレミアムスポーツセダンの代名詞であるBMW 3シリーズの派生モデルとして、2013年に初代モデルが誕生。このたび発表の二代目では、クーペならではのスポーティでエレガントなデザインに磨きがかかり、さらに、運動性能においてもスポーティかつダイナミックな方向に磨きをかけている。

ボディサイズは全長4775×全幅1850×全高1395mmで、ホイールベースは2850mm。同じホイールベースの現行3シリーズ・セダンと比べて60mm長く、25mm幅広い一方で、45mm低いのがクーぺらしい。

新型のルックスを大きく特徴づけているのがフロントマスク。BMW のアイコンとなるキドニーグリルを、1930 年代に一世を風靡した「BMW 328」、1960 年代に登場の「BMW 1600」や「BMW 2002」と同様に縦型にデザインすることで、3シリーズとはまったく異なり、スポーティかつエレガントなキャラクターを際立たせている。

リヤビューは、BMW伝統のL字型コンビネーションライトを、2シリーズ・グランクーペや8シリーズと同様に、立体的かつ有機的な曲線を与え、さらに、ライトまわりをブラックアウトすることで、BMWのクーペ・モデルらしい個性を表現している。

サイドのデザインは、BMW伝統のショートオーバーハング、長いボンネット、AピラーからCピラーにかけての流れるような美しいルーフライン、そして長いホィールベースにより、室内の居住性を高めつつ、クーペらしい美しいプロポーションを作り上げている。

パワートレーンはガソリン仕様2機種を設定。スタンダードモデルとなる「420i」には184ps/300Nmを発揮する2.0ℓ直列4気筒ターボと8速ATを搭載。3シリーズのスポーティな走りに一層の磨きをかけ、クーペらしいダイナミックな走りを実現するために、サスペンション取り付け部やアンダーフレームを強化するとともに、高剛性ボディを採用することで、ロール剛性の強化、キレのあるスポーティなハンドリングに加え、衝突時の安全性能も向上させている。

また、アルミニウム材を、ボンネットだけではなく、エンジンキャリアや、エンジンキャリア接続部に用いることで、ボディ剛性の強化と軽量化という相反する性能を実現している。

Mパフォーマンスモデルの「M440i xDrive」には、387ps/500Nmを引き出す3.0ℓ直列6気筒ターボと8速スポーツATを搭載。BMWのインテリジェント4輪駆動システム「xDrive(エックスドライブ)」や、Mアダプティブサスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現することが可能となっている。0-100km/h加速は4.5秒をマークする。

M440i xDriveはまた、Mパフォーマンスモデル専用色となるセリウム・グレーをキドニーグリルやエアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用することで、ハイパフォーマンスモデルとしての存在感と個性が演出されている。トランクリッドには、Mリアスポイラーを装備し、空力特性を高め、高速走行時の安定性を向上させている。

リヤシートバックは4:2:4の分割可倒式を採用

新型4シリーズも新世代BMW車と同様に高水準の安全運転支援システムを採用している。3シリーズと同様に、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力の最先端運転支援システムが標準装備となり、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が装備され、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能となっている。

トランク容量は440ℓを確保。リヤシートバックのトランクスルー機構により荷室スペースを拡大できる

コネクティビティも新世代モデルらしい。「OK, BMW」と話し掛けることで、車両の操作、目的地の設定等が可能な音声認識機能付きインフォテイメントシステムを採用。Apple CarPlayへの対応のほか、BMWコネクテッド・ドライブを標準装備したことにより、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信するなど、利便性を大幅に高めている。また、車両のキーを持たなくても、iPhone をドアハンドルにかざすことで、車両のロック解除/施錠、さらには、エンジンの始動も可能だ。

●新型「BMW4シリーズ・クーペ」モデルラインアップ
・420i:577万円
・420i Mスポーツ:632万円
・M440i xDrive:1025万円
※価格は消費税込み

新型4シリーズ発表を記念した計13台の限定車「エディション・エッジ」をBMWオンライン・ストアのみで受注

同社では新型4シリーズ・クーペの日本発表を記念して限定車「エディション・エッジ」を設定。10月16日からBMWオンライン・ストアだけで受注受付を開始している。税込車両価格は「420i Mスポーツ・エディション・エッジ」が697万円、「M440i xDriveエディション・エッジ」が1117万円だ。

420i Mスポーツ・エディション・エッジ

10台限定の「420i Mスポーツ・エディション・エッジ」は、エクステリアにブラックのアイテム、インテリアには特別なブラック&ブルー・ステッチのMスポーツシートとMシートベルトを採用し、鮮烈な走りをアピールするモデルに仕立てられている。

M440i xDriveエディション・エッジ

一方、3台限定となる「M440i xDriveエディション・エッジ」は、エクステリアにカーボンアイテムやブラックのグリル、インテリアにはMスポーツシートとMシートベルトを採用し、シックで落ち着いた大人のスポーツクーペをアピールする。

●BMWオンライン・ストア

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ