MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. ステップワゴン

全車にホンダセンシングを標準装備、「歩行者事故低減ステアリング」を追加 ホンダ・ステップワゴンに待望のスポーツハイブリッドi-MMD搭載車が仲間入り!

  • 2017/09/28
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
新型N-BOXカスタムと共通イメージのLEDヘッドランプを採用したステップワゴンスパーダハイブリッド

本田技研工業(ホンダ)は9月28日、5ナンバー1BOXミニバン「ステップワゴン」をマイナーチェンジ。9月29日に発売することを発表した。

小型の翼端板を持つ新形状のテールゲートスポイラーを装着したステップワゴンスパーダハイブリッド

エアロ仕様「スパーダ」のフロントメッキグリル・バンパー・フェンダー・ボンネットのデザインを一新。さらに、導光チューブを内部のほぼ全周に配置したLEDヘッドライトを「スパーダ」の全車に標準装備して、フロントグリルからヘッドライトへクロームメッキモールが横に伸びる、新型N-BOXカスタムと共通イメージのフロントマスクを与えている。また、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状とすることで、よりスポーティなスタイルへ進化させた。

ステップワゴンスパーダハイブリッドの「スポーツハイブリッドi-MMD」

そしてスパーダに、アコードやオデッセイと共通の2モーター式「スポーツハイブリッドi-MMD」搭載モデルを設定。JC08モード燃費を1.5Lターボ車の17.0km/Lに対し25.0km/Lに向上させた。なお、ホンダ四輪車としては初めて、新基準のWLTCモード燃費も認可取得しており、複合モードは20.0km/L、市街地モードは18.8km/L、郊外モードは21.7km/L、高速道路モードは19.5km/Lとなっている。

ステップワゴンスパーダハイブリッドのボディ骨格。赤の部分がパフォーマンスダンパー

i-MMD搭載車にはさらに、サスペンションを専用チューニングとしたほか、最上級グレード「ハイブリッドG・EXホンダセンシング」にパフォーマンスダンパーを装着。乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせた。

「歩行者事故低減ステアリング」の作動イメージ

また、継続設定される標準仕様と、コンプリートチューニングモデル「モデューロX」を含む全車に、単眼カメラとミリ波レーダーによる予防安全技術「ホンダセンシング」を標準装備。走行中に車線を外れて路側帯の歩行者と衝突しそうになった際に音と表示で警告し操舵アシストも行う「歩行者事故低減ステアリング」を追加した。

「渋滞追従機能付ACC」の作動イメージ

i-MMD搭載車ではさらに、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を渋滞追従機能付へ進化。作動速度を0km/hからとし、高速道路渋滞時の負担軽減を図っている。価格は2,852,280~3,665,000円。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ