MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/29
  • MotorFan編集部

バイクにもASIMO(アシモ)の技術!「Honda Riding Assist-e」【東京モーターショー】

渋滞・低速走行時にフラつかない、バランス制御技術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Honda Riding Assist-e
10月27日から一般公開される東京モーターショーにおける、ホンダのワールドプレミア「Honda Riding Assist-e」は、転倒やフラつきといったバイクならではのネガを払拭する、最新技術が採用されている。

Honda Riding Assist-e

常に時代の最先端を行くホンダが、今回の東京モーターショーで発表する「Honda Riding Assist-e」は、ASIMO(アシモ)を筆頭とするヒューマノイドロボット研究で培ったバランス制御技術をバイクに応用したコンセプトモデルとなる。

この技術によって、発進時や渋滞時の低速走行時のようにバランスに気遣う場面で、バイク自体がバランスを保つように制御するというもの。ライディングの楽しさを損なわないように制御しているのも特徴なので、初心者もベテランライダーも分け隔てなく、バイクを気軽に楽しめるようになる。

パワーユニットは、環境性能面からエンジンではなくe-Driveを採用していることも特徴の一つ。ホンダが掲げる2030年ビジョン「自由で楽しい移動の喜び」や、「カーボンフリー社会の実現」を具現化に向けた新たなバイクの提案となる。

Honda Riding Assist-e
充電モジュール
メーターユニット

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る