MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. フリード

愛犬家のためのアイテムを満載し「Circle h(サークルエイチ)」で商談予約受付開始 ホワイトハウスとホンダアクセスのコラボで「フリード+DOG LOVER(ドッグラバー)」20台限定発売!

  • 2017/10/31
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
フリード+DOG LOVER(ドッグラバー)。写真はハイブリッド車

ホンダ車を中心としたキャンピングカーの架装・販売に加え、愛知県内を主な商圏とし国産・輸入・四輪・二輪車ディーラーを幅広く展開するホワイトハウスグループと、ホンダ車の純正用品を手掛けるホンダアクセスがコラボレーション。

ホンダの5人乗り小型背高ワゴン「フリード+」をベースにしたホワイトハウスのキャンピングカー「フリースタイル」に、両社が共同開発した愛犬家のための装備を満載した「DOG LOVER(ドッグラバー)」を、10月16日より20台限定で商談予約受付を開始した!

フリースタイル フリード+ハイブリッド ポップホットパッケージ
ベース車とされたのは、ハイブリッド車のエントリーグレード「ハイブリッドB」と、ガソリン車のエントリーグレード「B」のFF車で、限定台数は各10台。

フリースタイル フリード+ハイブリッド ポップホットパッケージの室内
ホワイトハウスが通常販売している「フリースタイル フリード+(ハイブリッド)ポップホットパッケージ」は、これにポップアップルーフや全窓プライバシーカーテン、エアヒーター、サブバッテリー、走行自動充電システム、DC室内ソケット、室内照明、ファブリック表皮のフラットクッションマットを架装している。

「DOG LOVER(ドッグラバー)」はさらに、下記の装備を追加している。

室内に入れたくない汚れ物などを収納できるキー付き「クォーターウィンドウボックス」
愛犬の水を必要な時に引き出せる「ビルトインウォーターサーバー(ダストボックス付)
テールゲートを開いた時に愛犬の飛び出しを防ぐ、開閉ファスナー付き「飛び出し防止ネット」
抜け落ちた毛を簡単に拭き取れる「フラットクッションマット(合皮)」
フラットな荷室フロア下の「スライド収納」
フロアに格納できる「アウトドアテーブル」
犬の足跡をデザインした「フロアカーペットマット」
起動画面を専用デザインとした「ナビゲーション」
柔らかな座り心地の合皮製「シートカバー」
骨をデザインした専用の「キーカバー」
DOG LOVERロゴ入り「テールゲートストラップ」
テールゲートに装着される専用エンブレム

ポップアップルーフに貼付される専用デカール
なお、購入方法も独自のものとなっており、ホンダアクセスが運営するショッピングサイト「Circle h(サークルエイチ)」のスペシャルサイトにアクセスし、商談予約。

その後、「ホワイトハウスキャンパー名古屋店本店」(愛知県愛知郡東郷町大字和合字北蚊谷29-1オートプラネット名古屋1F)または「ホワイトハウスキャンパー横浜店」(神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町2-8)で商談、正式契約となる。

【FREED+ DOG LOVERスペシャルサイト】https://www.circle-h.jp/shop/app/page/FREED_DOGLOVER/

フリード+DOG LOVER(ドッグラバー)の開発スタッフ。左から3人目がホワイトハウスの酒井裕二郎キャンパー事業部長、4人目がホンダアクセス商品企画部の片山貴王主任

10月16日にホワイトハウスキャンパー横浜店で行われた発表会で、ホワイトハウスの酒井裕二郎キャンパー事業部長は「ホワイトハウスはキャンピングカーというニッチな市場に特化しているのが強みである一方、愛犬家向けに特化した車両をラインアップしておらず、またホンダアクセスのように大きな市場への販路を持たないというのが弱みだった。『ドッグラバー』を限定販売することで、愛犬家に訴求することでキャンピングカーユーザー以外からどの程度反響が得られるかを知り、その反響が大きければ第二、第三のモデルにつなげたい」と、「ドッグラバー」発売の狙いを説明。

さらに、「キャンピングカーの市場はユーザーもニッチということを認識しており、クオリティに対し寛容なところがある。だが、『ドッグラバー』の開発にあたり、ホンダアクセスからは『限りなく純正クオリティのものを』とリクエストされたことで、他のキャンピングカービルダーよりも数段上のクオリティを知り、作ることができた。その分開発コストは通常では考えられない膨大なものとなっているが、ユーザーにとっては極めてコストパフォーマンスの高いものになっている」と、完成度の高さに自信をのぞかせた。

また、ホンダアクセス商品企画部の片山貴王主任は、「車外に取り付けるリヤクォーターボックスが、絶対に走行中落下しないよう、かつ安価になるようにする必要があり、最も開発に苦労した。今回『ドッグラバー』に設定したアイテムを単品販売することはないが、お客様からのニーズが強いものはそのエッセンスを取り入れ、今後の純正用品開発に活かしたい」と話している。

フリード+DOG LOVER(ドッグラバー)。写真はハイブリッド車

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ