MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. クロスビー

単なる「ハスラーの小型車版」に留まらない高い実力。だが価格、シート、安全装備はいかに? スズキ・クロスビー試乗|デザイン、走り、居住性良し。でも価格がスイフトスポーツより高い!

  • 2018/02/24
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次開く

気になるクロスビーの走り、居住性、使い勝手は?

デザインと走り、使い勝手の魅力を打ち消しかねない大きな欠点とは?

デザインと走り、使い勝手の魅力を打ち消しかねない大きな欠点とは?

スズキ・クロスビーの前後シート

 しかしながら、その高いユーティリティに貢献している前後シートが、これまでに挙げたクロスビーの長所を全て打ち消しかねないほど、大きな欠点を抱えている。

 端的に言えば、前後席とも絶対的にサイズが小さく、クッションが柔らかすぎるのだ。しかもこのクッションが、背もたれ・座面ともセンターとサイドで硬さが変わらず、形状もフラット。旋回時には全くと言ってよいほど身体をホールドしてくれない。これではアウトドアのためのロングツーリングはおろか、近所へ買い物に行くだけでも疲れてしまう。

 ただし、筆者が体重100kg級の巨漢であることは付け加えておいた方がいいだろう。小柄な女性であれば、もちろんシートの小ささは気にならないだろうし、クッションの沈み込みも気にならないかも知れない。

スズキ・クロスビーのフルオートエアコンユニット
インパネの素材と設計にも問題点が少なくない。これは昨今のスズキ車の多くに当てはまることだが、ダッシュボード天面のハードパッドの質感が低く、面積の広いカラードパネル共々、室内に入り込んだ直射日光を強烈に反射する。また、イグニスから流用されたフルオートエアコンのスイッチ類は、高めのポジションから斜め下に見下ろすと、文字が仕切り板に隠されてしまう。しかも各スイッチの色・形状が全て同じため、じっくり目視せずに操作するのは事実上不可能だ。

スズキ・イグニス ハイブリッドMGの運転席まわり

しかしながら、イグニスの廉価グレード「ハイブリッドMG」に標準装備されるマニュアルエアコンのダイヤル式スイッチは非常にシンプルな設計で、誰もが直感的に操作でき、ブラインドタッチも極めて容易。見た目の質感向上は必要だが、フルオートエアコンのスイッチ類もこれをベースにすべきだろう。

「スズキセーフティサポート」のレーダーレーザーと単眼カメラ
さらに言えば、ホットハッチのスイフトスポーツが持つアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能(LKA)が、ロングツーリングを主眼とするこのクロスビーにオプション設定すらされていない。「ハイブリッドMZ」に標準装備、標準グレード「ハイブリッドMX」にオプション設定の「スズキセーフティサポート」が実装する機能は、事故防止には役立っても疲労軽減には寄与しないものが多いため、ACCとLKAはぜひとも追加してほしいところだ。

スズキ・スイフトスポーツ
そして、最も不満かつ不安なのは、同一グレード同士の比較でイグニスより税別24.5万円(FF車)~25万円(4WD車)高とされたその価格。今回試乗した「ハイブリッドMZ」4WD車の車両本体価格は税別1,987,000円・税込2,145,960円に達しており、FF車でも税別1,855,000円・税込2,003,400円と、ほぼ同等の装備を持つスイフトスポーツ6速AT車の「セーフティパッケージ装着車」が掲げる税別1,845,000円・税込1,992,600円を超えている。

クロスビーは高い付加価値を持つクロスオーバーSUVとはいえ、そして現時点で事実上ライバル不在とはいえ、登録車では最小のAセグメントに属する小型車である。それがBセグメントのホットハッチを超える価格というのは、やや強気に過ぎるのではないだろうか? 現在の価格を維持し、かつ商品価値と拮抗させるには、少なくとも先に述べたシートやインパネの改良、安全装備の追加が必要だと筆者は思う。

クロスビーの月間販売目標台数は2千台、そして12-1月の登録台数は4028台。ハスラーはデビュー3ヵ月後の2014年3月以降、月間販売目標台数の5千台を大幅に上回る大ヒット作となったが、クロスビーにハスラーのような“もうひと伸び”は起こるだろうか?

Specifications
スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD・6AT)
全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm ホイールベース:2435mm 車両重量:1000kg エンジン形式:直列3気筒DOHC直噴ターボ 排気量:996cc ボア×ストローク:73.0×79.4mm 圧縮比:10.0 エンジン最高出力:73kW(99ps)/5500rpm エンジン最大トルク:150Nm(15.3kgm)/1700-4000rpm モーター最高出力:2.3kW(3.1ps)/1000rpm モーター最大トルク:50Nm(5.1kgm)/100rpm JC08モード燃費:20.6km/L 車両価格:2,145,960円

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ