MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. クロスビー

〈スズキ・クロスビー〉実用的なワゴンパッケージに悪路走破性をプラス【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2020/01/05
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:ハイブリッドMZ(4WD)

・月間登録台数 1909台 (19年5月〜10月平均値)
・現行型発表 17年12月(特別専用色追加 19年7月)
・JC08モード燃費 22.0㎞/ℓ ※FF車

REPORT●工藤 貴宏(KUDO Takahiro)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●森脇 亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

SUV界では珍しいコンパクトハイトワゴンとのクロスオーバーモデル。タフギヤテイストの力強い雰囲気を持ちながらも、室内は広くて実用性が高いのが持ち味だ。外観は丸いヘッドライトやあえて目立たせたバンパーなど、遊び心あふれるデザイン。

■主要諸元 ハイブリッドMZ
全長×全幅×全高(㎜) 3760×1670×1705
室内長×室内幅×室内高(㎜) 2175×1355×1280
ホイールベース(㎜) 2435
トレッド(㎜) 前/後 1460/1460
最低地上高(㎜) 180
車両重量(㎏) 1000
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ+モーター
総排気量(㏄) 996
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) 73[99]/5500
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 150[15.3]/1700-4000
モーター最高出力(kW[㎰]/r pm) 2. 3[3. 1]/1000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 50[5.1]/100
燃料タンク容量(ℓ) 30(レギュラー)
トランスミッション形式 6速AT
駆動方式 4WD
タイヤ・サイズ 175/60R16
最小回転半径(m) 4.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ) 20.6
車両本体価格 218万5700円

先進安全装置

赤外線センサーと単眼カメラを併用する衝突被害軽減ブレーキを搭載。車両に対しては速度上限約100㎞/h(歩行者は約60㎞/h)まで作動し、約50㎞/h(歩行者は30㎞/h)であれば衝突を回避できる場合がある。

撮影車両データ

ボディカラー:ミネラルグレーメタリック 3トーンコーディネート
オプション装備:全方位モニター用カメラパッケージ(5万5000円)/スタンダードプラスワイドナビ(14万6905円)/ETC車載器(2万2220円)/フロアマット〈クロスラインタイプ〉(3万30円)/特別塗装色(4万4000円)/他

ボディカラー

居住性

〈後席〉シート高:730㎜
〈前席〉助手席シート高:690㎜

床に対して高い着座位置に座る前席は、視界も開放感も良好。そして驚くのは後席の広さだ。真骨頂はゆったりと足を伸ばせる足元スペース。全長3.8mの車体とは信じられないほどの居住性の高さを誇る。左右独立のリクライニング機構も備えている。

白いガーニッシュで個性を演出する一方、インパネから伸びるシフトレバーやウォークスルー可能な造形など、ミニバンのような実用性も盛り込まれる。ガーニッシュはアクセサリーで、イエローやレッドなど5色に変更可能。

うれしい装備

最大81ℓもある荷室床下のサブトランクは樹脂製のトレー状で、汚れたり濡れた遊び道具も気兼ねなく置ける。汚れたら外して水洗いも可能。
純正オプションのナビには車両周囲を映す全方位モニターが組み込まれる。発進前にクルマの周辺確認をサポートする「3Dビュー」も搭載。
雪道を走りやすくする「SNOW」やアクセル操作に対する瞬発力が高まる「SPORT」などの走行モード切り替えを4WDモデルに採用。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き:360㎜
〈後席格納時〉高さ:800㎜ 奥行き:1490㎜ 幅:1080㎜

小さな車体かつ居住性を重視したパッケージングのため、通常時の奥行きは広くない。しかし、シートスライド(左右独立)のおかげで後席に人が座れる状態をキープしたまま奥行きを525㎜まで拡大できるのが便利だ。スライドレバーが背もたれ上部にあるから荷室側から操作しやすいのも便利。「MZ」の後席背面と床は水をはじく防汚タイプだ。

バイヤーズガイド

ハイブリッドMZ

ボディやパワーパックは1種類で、装備レベルの違いによって2グレードを設定するのみ。そんなシンプル構成のクロスビーに乗るならば、やはり4WDを選びたい。悪路踏破性は“SUV”の名に恥じない水準だ。

エンジンは全車共通で1.0ℓの3気筒ターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせて搭載。「ハイブリッドMX」に対して「ハイブリッドMZ」はLEDヘッドランプ、本革巻きステアリングホイールを追加し、安全装備の充実が図られている。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ