MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/28
  • MotorFan編集部 西内 辰夫

セレナe-POWERの「ワンペダル」は、ノートe-POWERを越えた!!【ミニバン専用e-POWER 体験試乗】

安全運転支援システムも進化したセレナe-POWERは、大ヒットが約束された完成度の高さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日産自動車は「セレナe-POWER」を2月28日に発表、3月1日より全国一斉に発売する。セレナはファミリー層にターゲットを絞った人気のミニバンで、e-POWERという魅力的な電動パワートレインを得たことで、さらに商品力が増した。果たして、セレナe-POWERの実力は?

注目はパワートレインの強化&最適化、新機能の追加

e-POWERといえば、2016年にノートに初搭載して大ヒットとなったパワートレインで、エンジンで発電して電気モーターで走るシリーズハイブリッドである。例えばマンション住まいで駐車場に充電設備が設置できないようなケースでも、低燃費でEVと同等のトルクフルな走行が楽しめるのが大きな魅力だ。

フロントではVモーショングリルがブルーにカラーリングされているところが、e-POWERの識別ポイント。

日産は、このe-POWERを「ミニバン専用e-POWER」へと進化させ、新型セレナに搭載した。ノートe-POWERとの性能比較では、7人乗りミニバンという高負荷に対応するべく、エンジン出力を7%アップの62kWhとしたほか、バッテリー容量を20%アップの1.8kWhに、モーター出力を25%アップの320Nm/100kWにそれぞれスペックを上げている。JC08モード燃費消費率は26.2km/Lでクラストップを誇る。

機能面のトピックとしては「マナーモード」の追加が挙げられる。マナーモードは携帯電話でお馴染みの名称だが、セレナe-POWERのマナーモードは早朝や深夜に静かな住宅街を走る時に役立つ「EV優先モード」のことを指す。バッテリー残量が90%であればモーターだけで約2.7km走行可能だ。マナーモードOFF時の最大走行距離は1.3kmに設定されているので、およそ倍の距離を「EV」として走行できるわけだ。

テールランプの意匠が変更され、LED 3本ラインのストップランプが未来的な印象を醸し出している。

さらに、このマナーモードをフルに活用するため、事前にバッテリーを充電する「チャージモード」機能を追加した。チャージモードは充電を積極的に行うモードで、マナーモードとの連携を図る。具体的な使用例としては、ドライブの帰り道など交通量の多い道路でチャージモードに切り換えて充電、自宅周辺の住宅密集地でマナーモードに変えれば、深夜の帰宅でも近隣に迷惑をかけずに走行できるのだ。

このように、新たなるパワートレインを得て進化したセレナe-POWERの乗り味は? また、日産が「e-POWER Drive」と呼ぶ、ワンペダルドライブの魅力は? 埼玉県の本庄サーキットの特設コースで試乗したので、早速評価してみたい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る