MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/04
  • MotorFan編集部 鈴木慎一

じつは、マツダCX-4がカッコよい、ちょうどよい? CX-5、CX-8、CX-9と並べてみる

MAZDA CX-4、CX-5、CX-8、CX-9

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダCX-4。中国市場向けのモデルだ。
マツダのクロスオーバーSUVと言えば、「CX」で始まるモデル群だ。CX-3、CX-5、CX-8が国内で販売されているが、このほかに、CX-4、CX-9というモデルもある。CX-4は中国市場向け、CX-9は北米市場向けである。

CX-5より低くて流麗=CX-4

マツダCX-4。

北京モーターショーのマツダのブースには、いつものようにソウルレッドのクルマたちが並んでいた。そのなかで、日本で見かけないモデル、それがCX-4である。一汽馬自達(第一汽車とマツダの合弁)が生産するCX-4は中国専用モデルだ。前回の北京モーターショー(2016年)に発表され、同年の6月から中国市場に導入されている。

このCX-4、北京の街中でもかなり頻繁に見かける。「2017中国カー・オブ・ザ・イヤー(第四回)」で、「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したモデルでもある。


CX-5やCX-8と違うのは、「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」というコンセプト。SUVとクーペのクロスオーバーというデザイン・コンセプトだ。CX-5とホイールベースは同じだが、全長が88mm長く、全高が155mmも低い、デザインが特徴である。

エンジンはSKYATIV-G 2.0とG2.5の2種類のガソリンエンジン。それに6MTと6ATの2種類のトランスミッションを選べる。駆動方式もFFとAWDをラインアップする。

では、CX-4とCX-5を例によって比べてみよう。

CX-4:全長×全幅×全高:4633×1840×1535mm ホイールベース:2700mm

マツダCX-4

CX-5:全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm

マツダCX-5

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る