MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. MIRAI

MotorFan.jp メカニズム詳密解説シリーズVol.8『TOYOTA MIRAI』 トヨタMIRAIのメカニズムを徹底解説!

  • 2018/07/28
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタが誇るハイブリッド車のノウハウを活かし、
モーターや二次電池を共用したパワートレーン。
そして幅広い車種で用いられる新MCプラットフォームを基本としたボディ。
現実的な価格でミライが量産できた理由は
これまでのトヨタのクルマづくりの知見のフル活用にあった。

量産へと進んだ大きなステップ

2008年に特定のユーザーに販売されたトヨタの燃料電池車FCHV-advは、低温化での安定作動などで大きな前進を遂げたモデル。このFCスタック技術は、ミライへも引き継がれている。

世界トップレベルの燃料電池

ミライに搭載されるFCスタックは、出力密度をFCHV-advと比較して2.2倍に向上させ、小型化を実現した。そのため、セダンモデルでのシート下配置が可能となった。

複数のラジエター

燃料電池などの冷却のためにラジエターが車体前部に設置される。冷却水の温度が高くならず気温との温度差が少ないため、複数のユニットを使って冷却をする構成だ。

FCVをセダンボディで実現した背高フォルム

フロア下にFCスタックを搭載するため、乗員のヒップポイントはセダンとしては少し高め。そのため全高も同じFCVをセダンボディで実現した背高フォルムような全長・全幅の一般的なセダンより高い独自のパッケージだ。

低重心かつ前後バランスにも優れる重量配分

重量物であるFCスタックと高圧水素タンクを車体の低い位置に搭載するため、大幅な低重心化を実現。またタイヤ間に配置されるので前後の重量バランスも良好だ。

インストゥルメントパネルの形状

Aピラー下部に三角窓を備え、ミラーもドア付けとなるのでピラー周辺の死角は少ない。着座位置がセダンとしては高めだが、ダッシュボードの位置も高いので前方の上下方向の視界の広さは平均的。

十分な容量のトランクルーム

後席の後方に駆動用のニッケル水素電池を搭載するが、レイアウトの工夫で荷室への張り出しを抑えている。そのため、9.5インチのゴルフバッグ3個が収納可能。

運転席からの後方視界

リヤクォーターウインドウも用意され、ピラー形状も細くしているので、外観から想像するよりも斜め後方の車両などは認識しやすい。リヤウインドウの上下方向の視野も、意外に広めだ。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ