MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ポルシェ > 911 > 991Ⅱ型の911を5台いっぺんに並べて比較してみたら、いろいろわかった【911カレラ編】
  • 2018/07/27
  • GENROQ編集部

991Ⅱ型の911を5台いっぺんに並べて比較してみたら、いろいろわかった【911カレラ編】

911 Carrera 空冷時代の良さがある

このエントリーをはてなブックマークに追加
2駆、4駆だけでなくベーシック、レーシー……様々なラインナップを持つ911。だが、その違いは魅力の大小ではなく、それぞれに固有のキャラクターを与えているのがおもしろいところ。まもなく発表が予想される992型の登場を前に、熟成極まったリヤエンジンスポーツカーはそれぞれどのような特徴を持っているのか、カレラ、カレラGTS、カレラ4GTS、タルガ4GTS、GT3の5台の991Ⅱ型を集めて比較した。今回は911カレラ。
REPORT◎吉田拓生(YOSHIDA Takuo)
PHOTO◎篠原晃一(SHINOHARA Koichi)

911 Carrera 空冷時代の良さがある

 端的に言って7速マニュアルの“カレラ2”ということになる。991型の911がデビューした当初は巨大だと感じた厚みのあるボディだが、フルモデルチェンジが叫ばれるようになってきた昨今、ドライブしていてもまったく大きくは感じなくなっている。

 目が慣れたからというのもあるが、ドライバビリティが高まり、意のままに操れるように熟成されたとも解釈できる。今回の5台の中で唯一のナロートレッド(全幅1808mmはワイドボディより44mm狭い)だが、おかげでフワッと軽い空冷時代の懐かしさを纏っている。

 370psというベーシックユニットは、高回転域でも神経質なところがないので、MTで引っ張って楽しむ遊びに最適。低速トルクも十分な厚みがあるので、高速道路では自然と高めのギヤをチョイスしており、結果も9.3km/ℓと燃費も良かった。ワイドボディを備えた他車に比べロードノイズが大きく、車内が騒がしかった点が唯一気になった。タイヤのサイズや銘柄は同じなのに、なぜ?

※本記事は『GENROQ』2018年7月号の記事を転載したものです。

ポルシェ911カレラ
■ボディサイズ:全長4499×全幅1808×全高1294mm ホイールベース:2450mm ■車両重量(EU):1645kg ■エンジン:水平対向6気筒DOHCターボ 圧縮比:10:1 総排気量:2981cc 最高出力:272kW(370ps)/6500rpm 最大トルク:450Nm(45.9kgm)/1700〜5000rpm ■トランスミッション:7速MT ■駆動方式:RWD ■サスペンション形式:Fマクファーソン式ストラット Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ(リム幅):F245/35ZR20(9J)R305/30ZR20(12J) ■パフォーマンス 最高速度:295km/h 0→100km/h加速:4.6秒 ■環境性能(EU複合モード) 燃料消費率8.3ℓ/100km CO2排出量:174g/km ■車両本体価格:1244万円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る