MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/09
  • MotorFan編集部

“初めてのジムニー4WDドライブ”の前に、知っておきたい作法 トランスファーレバー操作方法をやさしく解説する

スズキ新型ジムニーのトランスファーレバー操作方法をやさしく解説する

このエントリーをはてなブックマークに追加
見た人が思わず唸る新型ジムニーの高い走破性を引き出すために
いまや少数派と言えるパートタイム4WD。「こんなの運転したことないよ……」という初心者のあなたに、新型ジムニー駆動系の操作方法をやさしくガイドしておこう。

 現在新車で発売されているSUVの大部分はいわゆるフルタイム4WDだ。ドライバーの特別な操作は不要で、前後の駆動力配分をクルマが自動で行ない、センターデフ等を備え前後輪の回転差も許容する。だが、ジムニーはフルタイムではなくパートタイム4WD。舗装路では後輪のみを駆動する2WDで走行し、未舗装路や雪上はトランスファーで4WDに切り替える必要がある。

シフトレバー後方に備わるトランスファーレバー

 また、ジムニーにはセンターデフはないので4WD時は急旋回など厳禁。こうしたデメリットもあるが、できるだけシンプルな構造のメカニズムで軽量化し、過酷な使用状況でのメンテナンス性も高める理由でこの方式が採用されているのだ。また副変速機を持つのもジムニーの大きな特徴。4WDへの操作方法の詳細は取扱説明書に記載されているが、そのポイントをこれから伝授しよう。


舗装路ではFRで走行するのが基本

 まず守りたいのは、舗装路では基本的に2WDで走行、ということ。タイヤがスリップしにくい乾いた舗装路では4WDにすると前輪と後輪の回転差を吸収しきれず、駆動系に無理な力が掛かり損傷する可能性もある。濡れた舗装路ではトランスファーを4H(4WDハイ)に入れると安定感が増すが、これも状況次第で、取説では濡れた舗装路でもできるだけ4WDは避けて下さい、と明記している。


未舗装路などでは四輪駆動が威力を発揮する

 2WDである2Hと4WDの高速側である4Hの間の切り替えは、実は走行中でも可能だ。100km/h以下でハンドルが直進状態の場合、アクセルを少し戻してから操作すればOK。もちろん停車中でも切り替えは行なえる。雨がひどい舗装路でハンドリングを安定させたい時は臨機応変に2Hと4Hを使い分けよう。


深い砂地など走行抵抗が多い場所などでは4Lを選ぶ

 未舗装路や雪上では4WDの出番だ。そしてジムニーの高い走破性を支えるのが、より駆動力が高い4L(4WDロー)。副変速機内で約2倍の減速比のギヤに切り替え、急坂や深い砂地、泥濘地といった駆動抵抗の多い場所でも、力強くジムニーを動かせる。

 大事なポイントは、この4Lへの切り替えは停車中のみ可能で、ギヤをニュートラルにしてから、ということ。AT車でも同様で、P(パーキング)ではなくNにしてから操作する。ニュートラルで操作しないと大きな異音が出たり、きちんと4Lに入らないから注意したい。誤動作を防ぐため、4Hから4Lに入れる時はレバーを押し下げながらでないと4Lに入らないようになっている。


スイッチ式だった先代ジムニーの駆動切り替え操作部

 先代ジムニーはモデルライフ途中からこのトランスファー切り替え操作がスイッチとなっていた。だがプロの現場から「慣れれば目視しなくても確実に操作できるレバー式がいい」との声が挙がったため、新型ではレバー式に戻ったという。この4Lは走破性を高めるだけでなく、不整地でスタックした他車を引っ張り上げるときにも活躍する。その際は最もギヤ比が低い後退で行うのが基本だ。


手動式切り替えハブだった1990年のJA11型ジムニー

 ちなみにジムニーは、2H時は前輪ハブとドライブシャフトの締結をフリーにし、抵抗を低減するメカを装備する。昔のジムニーではこのハブの切り替えが手動だったので、4WDにするときはトランスファー操作後、前輪ハブのダイヤルを人が操作しなければならなかった。しかしその後、エンジンの負圧を利用して自動で切り替える「エアロッキングハブ」が採用され、いちいちクルマの外に出る必要はなくなっている。


新型ジムニーのエアロッキングハブ

 新型ジムニーの前輪をよく見ると、中央の部品が出っ張っている。ここにエアロッキングハブが内蔵されているのだ。後輪と見比べるとすぐに違いがわかるだろう。ハブの締結はエンジンの負圧を使うので、エンジン停止中は作動しない。またトランスファーレバーの操作からハブ作動まで数秒かかり、この間エアコンを使用していても風が止まるが、故障ではないのでご安心を。気を付けて聞いているとエアロッキングハブの作動音が聞こえるのも、ジムニー乗りなら知っておきたいポイントだ。


 以上、いろいろと説明してきたが、大事なポイントは
●舗装路での走行は基本的に2WD
●2H-4H切り替えは走行中でも可能
●4Lへは停車して“ニュートラルで”行なう

 の3つ。他のクルマではなかなか見掛けないトランスファーレバーを的確に操作できれば、ジムニーへの信頼感がより高まるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る