MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. フォレスター

元祖 ちょっ速なSUVといえばスバル「フォレスター」。中古車で狙う歴代フォレスターのSTIバージョンを解説する! 【いまこそ欲しい中古の名車】元祖速くて楽しいSUV スバル「フォレスター」のSTI仕様を狙う![2/2]

  • 2018/08/16
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■3代目 スバル・フォレスタ-(SH系・2007年~2012年) 大人のスポーツを楽しみたい人にはもってこい

■3代目 スバル・フォレスタ-(SH系・2007年~2012年)

tS
■発売日:2010年12月24日
■エンジン:[EJ25]2.5L DOHC ICターボ(最高出力263PS/6000rpm・最大トルク35.4kg・m/2800~4800rpm)
詳細はコチラ→https://motor-fan.jp/catalog/SUBARU/10452006/10065720
【主な装備】
・STI製チューニングサスペンション(15mmローダウン)
・STI製17インチアルミホイール
・STI製フレキシブルタワーバー・フロント
・STI製スポーツマフラー(φ100×2)
・STI製フロントスポイラー
・専用本革巻ステアリングホイール
・専用シート
など

2007年にフルモデルチェンジをしたフォレスターですが、これまでのモデルよりも全高が高くなって、よりクロスオーバーSUVとしての位置づけがワゴンよりもSUVらしく進化しています。

マイナーチェンジをした2010年にはSTI仕様が登場していますが(つまり前期モデルにはSTI仕様はない)、名前も「STI」ではなくtuned by STIの略称である「tS」とされ、これまでのSTIとは性質の異なる雰囲気を醸し出しています。ある意味、フォレスターSTI仕様のターニングポイントともいえるでしょう。

ベースはマイナーチェンジのタイミングで追加された「S-EDITION」という2.5LターボとE-5ATを組み合わせたグレードとしており、パワーアップなどのチューニングは施されておらず、専用のサスペンションやエクステリアやインテリアで特別な1台に仕上げています。

"STI"という名前からイメージするトンガったチューニングカーというよりも、大人のスポーティさを追求した乗り味が特徴ですね。ちなみにこちらは300台の限定販売だったということのあって、中古車市場で探すのはかなりレアとなっています。

■4代目 スバル・フォレスタ-(SJ系・2012年~2018年)フォレスター最後のSTI仕様はいまが買い!

4代目 スバル・フォレスタ-(SJ系・2012年~2018年)

tS
■発売日:2014年11月25日
■エンジン:[FA20] 2.0L DOHC ICターボ(最高出力280PS/5700rpm・最大トルク35.4kg・m/2000~5600rpm)
詳細はコチラ→https://motor-fan.jp/catalog/SUBARU/10452006/10094337
【主な装備】
・BBS製19インチ鍛造アルミホイール
・ブレンボ製ディスクブレーキ
・STI製チューニングサスペンション(15mmローダウン)
・専用ECU
・専用アイサイト
・STI製フロント&リアスポイラー
・専用本革巻ステアリングホイール
・STI製本革巻シフトレバー
など

4代目にフルモデルチェンジしたのは2012年ですがSTI仕様となる「tS」が発売されたのは約2年後の2014年になります。

これまでの2.5Lターボから2.0Lターボと変わっていますが、パワーは歴代フォレスター最高の280PSを誇っています。このエンジンはWRX S4などに搭載されるものと同形式の [FA20]といって、今後スバルの核となるであろうといわれるほどの高性能っぷりなんですね。そこにスバル独自のCVT「リニアトロニック」が組み合わさって高いポテンシャルを発揮してくれます。

専用装備は基本的に足まわりのチューニングとエクステリアとインテリアのパーツになりますが、SI-DRIVEのS#モードが専用にチューニングされているので、独特の走りを楽しめることでしょう。300台限定のレアモデルなので、数の少ない希少車になっていますが、色あせていないいまだからこそ買いの1台ですよ。

好みに合わせて狙い目を選べるフォレスターSTI仕様

いかがでしたでしょうか?どのSTI仕様がお好みでしたでしょうか?これはあくまで前例からの予想ですが、いままでフォレスターはフルモデルチェンジをしても約2年以上はSTI仕様が発売されることはありませんでした。ということは2018年に新型となった現行モデルもこれから2年以上はSTI仕様の販売はされないのではないかと思われます(確証はまるでありませんが……)。

つまり、新型のSTI仕様のことなんて気にせずに"いま欲しい"STI仕様を選べばいいのではないでしょうか。もともとタマ数の少ない車種なので、自分の好みにあった車両をみつけたらそれは運命の出会いです。速くて楽しいSUVの元祖「フォレスター」を楽しみたいですね。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ