MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/11
  • MotorFan編集部

ホンダ・ヴェゼルとマツダ・CX-5。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ホンダ・ヴェゼルvxマツダ・CX-5 トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドRSホンダセンシング
手頃な価格ながら高い満足度で人気のSUV「ホンダ・ヴェゼル」。その実力の高さゆえに、本サイトではこれまで「マツダ・CX-3」と「フィアット・500X」といった競合車とラゲッジスペースなどを比べてきた。今回対峙する相手は「マツダ・CX-5」だ。
マツダ・CX-5 25Sプロアクティブ

「ホンダ・ヴェゼル」は2013年に登場するや、その艶やかなルックスとセンタータンクレイアウトがもたらす実用性の高さで瞬く間に人気を集めた。登場からほぼ毎年改良が施されており、18年2月には「次の世界ヴェゼルへ。」をキャッチフレーズに内外装からハイブリッドシステムまで多岐に渡って手が加えられた。安全装備のHondaSENSINGも全車に標準装備されている。

「マツダ・CX-5」が登場したのは2012年。現行型は16年にフルモデルチェンジされた2代目にあたる。初代同様に、内外装の質感に対する徹底したこだわりとディーゼルエンジンが特徴だ。18年2月には、同社のSUV最上位モデル「CX-8」が積むディーゼルエンジンのほか、「エッジカットピストン」「低抵抗ピストン」「気筒休止(2.5Lのみ)」など新技術を採用したガソリンエンジンが新搭載された。

 まずは、全体のサイズ比較から。

ヴェゼル ハイブリッドRSホンダセンシング 全長×全幅×全高:4305×1790×1605mm ホイールベース:2610mm ミラーtoミラー:2010mm

撮影車は18年2月のマイナーチェンジ前のモデル。最新モデルはフロントまわりのデザインが変更された。比較的コンパクトだが、低床設計によるスペース効率の良さが持ち味。

ヴェゼル ハイブリッドRSホンダセンシング
全長×全幅×全高:4305×1790×1605mm
ホイールベース:2610mm
車重:1310kg
エンジン:直列4気筒DOHC
排気量:1496cc
最高出力:132ps(97kW)/6600rpm
最大トルク:156Nm(15.9kgm)/4600rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.5m
JC08モード燃費:25.6km/ℓ
車両本体価格:277万円

CX-5 25Sプロアクティブ 全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm ミラーtoミラー:2115mm

撮影車は18年2月に発表された商品改良前のモデルだが、外観に関する変更は特にない。ヴェゼルよりもボディサイズは大きいが、最小回転半径は5.5mと変わらない。

CX-5 25Sプロアクティブ
全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm
ホイールベース:2700mm
車重:1610kg
エンジン:直列4気筒DOHC
排気量:2488cc
最高出力:184ps(135kW)/6000rpm
最大トルク:245Nm(25.0kgm)/4000rpm
トランスミッション:6速AT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.5m
JC08モード燃費:14.6km/ℓ
車両本体価格:291万6000円

 ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

ヴェゼル ハイブリッドRSホンダセンシング 室内長×室内幅×室内高:1930×1485×1265mm

ダッシュボードのデザインや加飾に変更はないが、マイナーチェンジでHonda SENSINGが全車標準装備となり、スマホのApple CarPlayやAndroid Autoに対応するなど、機能性が高められた。従来通り、大きなセンターコンソールには便利な収納類を備える。
リヤシート高:600mm センタータンクレイアウトの低床設計により頭上スペースが広く、後席シートにはリクライニングも装備。
フロントシート高:600〜670mm マイナーチェンジにより前席は撮影車から形状とステッチが変更され、ホールド性が高められるなどの改良を受けた。

CX-5 25Sプロアクティブ 室内長×室内幅×室内高:1890×1540×1265mm

ひとクラス上であることを感じさせる上質なマテリアルデザインを採用。18年2月の商品改良により車速感応式オートドアロックを全車に標準装備したほか、マツダコネクトには自車位置演算ユニットを搭載し、より高精度な自車位置測位と表示を実現した。
リヤシート高:750mm 後席スペースは広く、シートには二段階のリクライニング機構も採用されるなど、使い勝手がいい。
フロントシート高:630mm〜680mm シート表皮は写真のクロスの他に、パーフォレーションレザーを設定。一部グレードには運転席10ウェイパワーシートも設定されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る