MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > シビック > ホンダ・シビック セダンを評価|レーシングテクノロジーがギュッと詰め込まれたクルマだ!
  • 2018/10/27
  • MotorFan編集部

ホンダ・シビック セダンを評価|レーシングテクノロジーがギュッと詰め込まれたクルマだ!

Honda CIVIC SEDANはモータースポーツの空力色が濃い1台である

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・シビック セダン 車両価格:265万320円(試乗車はop込みで288万2520円)
ホンダ・シビックはホンダにとって重要なモデル名だ。だが、しばらく国内から姿を消していた。久しぶりに国内投入されたシビックは、シビック・タイプR、シビック・ハッチバック、そしてシビック・セダンというラインアップで構成されている。F1日本GPが開催された鈴鹿までロングドライブしたジャーナリスト、世良耕太がシビックを語る。

TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 例年のことだがF1日本グランプリ取材のため、東京〜鈴鹿サーキット(三重県)間を往復することになった。これ幸いとばかりに、機会があったら乗りたいと思っていたクルマに乗ることにした。

 ホンダ・シビックセダンである。F1の取材に行くのにこれ以上ないチョイスだと自画自讃しておく。モータースポーツと結びつけるならシビック・タイプRとかNSXとか、S660とかを思い浮かべてもよさそうなものだが、違うのである。筆者に言わせれば、シビック・セダンこそがホンダのラインアップでもっとも、レーシングカーとの結びつきが強いクルマだ。

 空力技術の面で。なにしろ、F1やスーパーGTなどのレーシングカーの空力開発に携わった、あるいは現在も携わっている技術者が形を決めたのだから(エクステリア開発側と連携しながら)。

 ホンダはユニークな会社で、量産車の空力開発とレーシングカーの空力開発を同じ部門で手がけている。現在スーパーGT GT500クラスに参戦しているNSX-GTの空力開発を担当しているエンジニアが、量産車の空力開発にも携わっているのだ。なかでも、シビック・セダンはモータースポーツの空力色が濃い1台である。

 レーシングカーにとっての空力性能は、動力性能と並ぶほど重要だ。F1やスーパーGTの場合、いくら動力性能にすぐれていても、空力性能が劣っていては勝負にならない。ところが量産車の場合は、レーシングカーほど空力性能は重要視されない。トップカテゴリーのレーシングカーに比べれば確かにそうだ。だが、影響は大きく、そこに着目して開発したのがシビックセダンである。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る