MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ランドローバー > ディスカバリー > 大きいのはどっち? ランドローバー・ディスカバリーとマツダCX-8 居住性重視の3列シートSUVサイズ比較
  • 2018/10/30
  • 遠藤正賢

大きいのはどっち? ランドローバー・ディスカバリーとマツダCX-8 居住性重視の3列シートSUVサイズ比較

ランドローバー・ディスカバリー/マツダCX-8

このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドローバー・ディスカバリー
優れた多用途性やオフロード走行性能、7人すべての乗員に快適さと広い視界をもたらすスタジアムシートなどを併せ持つ、ランドローバー・ディスカバリー。「3列目まで大人がしっかり座れる」パッケージングに、上質かつ洗練されたデザイン、日常の運転において街乗りから高速走行までドライバーの意図通りに走り、すべての乗員が安心し、そして楽しめる快適性・静粛性を兼ね備えた、マツダ国内最上位の3列シートSUV、CX-8。そのサイズ、荷室容量、最小回転半径などを比較してみよう。

 SUVはいまや全世界的なブームとなり、世界中の自動車メーカーが矢継ぎ早に新型車を投入してしのぎを削っている。だが3列シート、それも3列目まできちんと大人が座れるモデルは少ない。ランドローバー・ディスカバリーとマツダCX-8は、その数少ない例外に当てはまるクルマである。果たしてそのサイズの違いは? 今回は両車とも日本仕様のスペックで比べてみた。

ランドローバー・ディスカバリー 全長×全幅×全高:4970×2000×1890mm ホイールベース:2925mm

マツダCX-8 全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm ホイールベース:2930mm

 こうして数値を比べてみると、スクエアな外観のおかげで大きく見えるディスカバリーと、曲線的なデザインで小さく見えるCX-8との差は、見た目ほど開いていないことが分かる。ただしディスカバリーは全幅が2mに達しており、自宅に相応の車庫が求められるのはもちろん、外出先でも停められる駐車場が限定されるのは言うまでもない。

ランドローバー・ディスカバリー 全幅:2000mm トレッド:フロント1705/リヤ1700mm


マツダCX-8 全幅:1840mm トレッド:フロント1595/リヤ1600mm


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る