MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 日産 > セレナ > 日産セレナe-POWER:燃費と静粛性はバツグン!出来や高級感は2.0ℓ系より明らかに上をいく
  • 2018/11/19
  • MotorFan編集部

日産セレナe-POWER:燃費と静粛性はバツグン!出来や高級感は2.0ℓ系より明らかに上をいく

NISSAN SERENA e-POWER Driving Impression

このエントリーをはてなブックマークに追加
e-POWER ハイウェイスターV
旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.108 2018-2019年 最新ミニバンのすべて」から「日産・セレナe-POWER」を抜粋してご紹介。

レポート=佐野弘宗[本文]/小林秀雄[写真解説] フォト=平野 陽

優秀な静粛性や燃費性能と 実用域でのスムーズな乗り味

 セレナe-POWERはクラス最後発のハイブリッドだ。同クラスハイブリッドの元祖はトヨタだが、もう一台のライバルとなるホンダのスパーダハイブリッドは昨年9月末発売。つまり、日産が最後発といっても2番手のホンダとはわずか半年差。このクラスを寡占するトヨタ、日産、ホンダの三社は、販売だけでなく、クルマづくりや企画でもカツカツの競り合いを続けている。

 セレナのハイブリッドには、エクストレイル用の2.0ℓ2モーター式ではなくe-POWERが選ばれた。e-POWERはエンジンが発電に専念して、直接駆動はモーターのみが担うシリーズハイブリッドである。シリーズハイブリッドの原理は古くから知られているが、本格商品化は実質的に日産e-POWERが世界初。セレナはその二例目だ。

 セレナe-POWERのシステムは意外にもコンパクトカーのノート用と基本的に同じ。充電の源となるエンジンも1.2ℓのままだが、その最高出力を向上させて、駆動モーターの出力もアップ。さらにリチウムイオン電池も容量拡大するなど、ノートよりボディが大きく重いセレナに細部は最適化されている。

 従来型のガソリン車と比較しても、e-POWER化によって居住性や実用性で犠牲を強いられる部分は、あまりない。ここで「まったくない」と言い切れないのは、e-POWER用のリチウムイオン電池が前席下に搭載される影響で、その部分のフロアがわずかに盛り上がっているからだ。その盛り上がり自体はわずかなものなので、各席の配置や実効空間に影響はなく、前後ウォークスルーもそのまま可能である。ただ、これによってセレナ伝統のスマートマルチセンターシートが省略されて、2列目が必然的に独立キャプテン式となり、乗車定員も7名となっている。というわけで、どうしても8人乗りが必要な向きは、e-POWERが選択肢から外れてしまう。

 さすが最後発だけに、26.2㎞ /ℓ(JC08モード)というカタログ燃費は現時点でクラストップ。発電用エンジンは1.2ℓなので、全開付近での伸びや長い上り坂などでは、さすがに同じセレナの2.0ℓ系(純エンジン車、S-ハイブリッド含む)に譲るものの、市街地や都市高速などの加減速が強いられるシーンでは、e-POWERが最もパンチに富む。数㎞だけ可能というバッテリーEV走行も深夜早朝などには意外に重宝するし、自慢のワンペダルドライブも、慣れれば同乗者を不快にさせない運転がとてもやりやすい。

 また、重量増(2.0ℓ系比で60〜100㎏ほど重い)やe-POWER専用の静粛対策、そしてバッテリー搭載のための強化フロアの恩恵か、実用域での乗り心地や静粛性も、セレナではe-POWERが最も好印象。さらにレスポンスのいい電動動力のおかげで、あのプロパイロット走行時のマナーやメリハリもハッキリと向上している。

 車両本体価格で比較した場合の2.0ℓ系に対する「e-POWER料金」はおおよそ50万円。この差額分を普通の使い方でモトを取るのはむずかしいが、クルマとしてのデキや高級感が2.0ℓ系より明らかに上をいくのは確かである。


https://motor-fan.jp/article/10005184
ライバル車種といえば、トヨタ・ヴォクシー、ノア、エスクワイアになりますが、エスクワイアを販売するトヨタ・トヨペット店の敏腕営業マンKさんと凄腕メカニックYさんに試乗していただくという貴重な機会を得ることができたので、インプレッションしてもらいました。
全長×全幅×全高 4770×1740×1865mm
ミラー・トゥ・ミラー 2080㎜
開口高 480㎜

基本デザインはガソリン車と共通だが、電制シフトやブルーのプッシュパワースターターを備えるところがe-POWERの特徴。メーター内に備わる7インチカラーディスプレイの表示も、エネルギーフローメーターなど、e-POWER独自の内容となっている。
ガソリン車と比べて、シートや目線の高さなどには特に違いを感じないが、何はともあれe-POWER特有のワンペダル感覚が新鮮。グレード別設定のシート表皮はガソリン車と共通で、全車に運転席シートリフターを標準装備する。
e-POWERはフロントにブルーグリルを備えるほか、リヤサイドスポイラー、専用エンブレムを装備。15インチのアルミホイールもエアロ形状の専用デザインを採用する。もちろんハイウェイスター専用外装も設定。

e-POWER ハイウェイスターV
全長×全幅×全高(㎜):4770×1740×1865
室内長×室内幅×室内高(㎜):3240×1545×1400
ホイールベース(㎜):2860
トレッド(㎜) 前/後:1485/1485
車両重量(㎏):1760
発電用エンジン種類:直列3気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄):1198
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):62[84]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):103[10.5]/3200-5200
モーター最高出力(kW[㎰]):100[136]
モーター最大トルク(Nm[㎏m]):320[32.6]
燃料タンク容量(ℓ):55(レギュラー)
トランスミッション形式:―
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:195/65R15
最小回転半径(m):5.5
JC08モード燃費(㎞/ℓ):26.2
車両本体価格:340万4160円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る