MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 508

New Peugeot 508 新型プジョー508発売! 417万円から/ディーゼルもアリ/カラーバリエーションは全7色

  • 2018/11/19
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のジュネーブモーターショーでデビューしたプジョー508が、いよいよ日本に上陸した。前衛的かつ独創的なデザインや、新世代プラットフォーム「EMP2」など、注目ポイントを挙げればキリがないほどの充実の内容で、発売を待ち焦がれていた人も多いはず。まずはセダンからの導入で、価格は417万円からとなる。

前衛的で独創的! 新しいサルーン像を提案

 プジョーのフラッグシップサルーン、新型508がついに日本でも発売された。日本仕様のスペック公表はもう少し先で、実車のデリバリーは2019年春からとのことだが、ともあれグレード構成とそれぞれの仕様内容、価格、カラーバリエーションなどが明らかになったので紹介しよう。

 まず、先代からの大きな進化ポイントを整理してみよう。

●軽量、高剛性、高いポテンシャルと汎用性で評価を得ているグループPSAの中核 プラットフォームEMP2をベースに使用(同装備の場合先代モデルより平均70kgの軽量化)
●新しい溶接技術の導入と計24mの構造用接着剤の併用で、卓越した剛性と耐久性を確保
●トランクフロアとテールゲート下部に複合素材を使用し軽量化
●フロントフェンダー、フロントサスペンション、リアシート骨格のアルミニウム合金採用
●フロントストラットタワーにクレードル構造を採用し動作を最適化
●リヤにマルチリンクサスペンションを採用
●搭載エンジンに合わせた個別のサスペンションセッティングを施して最適化
●最新世代電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8で燃費性能を向上
●最小回転半径を改善して5.5mとした(先代モデルは5.9m)
●全車にプジョー初となる電子制御アクティブサスペンションを採用。走行状況、 路面に応じてダンパーの減衰力をリアルタイムに制御し、高いレベルで乗り心地とハンドリング、ロードホールディングを両立させている。

新世代プラットフォーム「EMP2」の採用によって、70kgの軽量化を果たしている。
全車にプジョー初となる電子制御アクティブサスペンションを採用。エンジンは1.6Lガソリンと2.0Lディーゼルの二本立て。トランスミッションは8速ATだ。

 もちろん独創的な内外装のデザインも大きな魅力で、インテリアのクオリティが飛躍的に向上している点も見逃せない。

 ナッパレザー(オプション)、カーボン調デコレー ション、サテンクローム処理、ピアノブラック仕上げ、アルカンターラなど、手触りや色彩を含め、上質感に溢れるマテリアルを惜しみなく投入して快適な空間を創り上げている。

クオリティが飛躍的に高められたインテリア。
ダッシュボード中央には、ピアノの鍵盤のようなスイッチが並べられる。
ナッパレザーを使用したゴージャスなフロントシート。
フランスを代表するオーディオブランド、フォーカル社製の10スピーカーシステムを搭載。

おすすめのバックナンバー

新型マツダCX-30デビュー!!

新型マツダCX-30デビュー!! 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ