MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > スズキ > ジムニーシエラ > 新型スズキ・ジムニー/ジムニーシエラのメカニズムを徹底解説!
  • 2018/12/27
  • ニューモデル速報

新型スズキ・ジムニー/ジムニーシエラのメカニズムを徹底解説!

MotorFan.jp メカニズム詳密解説シリーズVol.15『SUZUKI JIMNY/JIMNY SIERRA』

このエントリーをはてなブックマークに追加
小さなボディに小排気量エンジンの組み合わせながら、堅牢なラダーフレームと機械式副変速機によるパートタイム4WDシステムがもたらす本格的な走破性を武器に、世界の森林などの未開地で働くプロたちからの信頼も厚い。
今回のモデルチェンジでも、そうしたプロフェッショナルの期待を裏切らない性能を与えるため、熟成された技術と最新の知見が盛り込まれた。

細かな配慮を感じるスイッチ類

室内空間の拡大と使いやすさを求めて、パワーウインドウスイッチはドアからダッシュボード下部のセンターに移設された。スイッチのサイズも、手袋をしたままでも使いやすい大き目のものが採用されるなど、細かな配慮がされている。

安全につながる広い視界とドアミラー

Aピラーを立てたデザインによって、死角の少ないワイドな視界が確保され、街中はもちろん、オフロードでも安心して運転できる。フロントガラス下端の前側に段差を付けた他、サイドミラーにはサイドアンダーミラーが設置され、助手席側側面の死角低減をサポートする。

3段階に開くフロントドア

軽い操作で大きく開くフロントドアは、先代の2段階から 3段階(31°590㎜/51°895㎜/70°1075㎜)と多段化され、後席へのアクセスや荷物の積み下ろしもスムーズに行なえる。

より使い勝手が向上した室内

乗員配置が変更され、ドライバーのアクセルからヒップポイントまでの距離が30㎜、前後乗員の距離が40㎜拡大されたほか、ヘッドクリアランスも前席50㎜、後席45㎜増と、乗員の快適性向上が図られた。ラゲッジも開口部やシートアレンジが、実際に使用するさまざまなシチュエーションも含めて考え尽くされ、限られた空間を最大限に活用できるよう設計された。

JIMNY

JIMNY SIERRA

エンジンと協調制御された空調

空調のHVACユニットには既存コンポーネントを利用してジムニー用に新設計し、軽量化と冷房性能の向上を両立。作動音も約4db低減。エンジンの熱効率が高まり、廃熱が利用しにくくなる中、従来同等の強力な暖房性能が確保できるよう、極寒時にはエンジン制御と協調して水温を高める制御を行なっている。

快適&安全に進化したフロントシート

オフロード走行も考慮されシートクッションフレーム幅を70㎜拡大、バネ面を広く取り上下方向のクッション性を向上。フロントシートフレームは高剛性、高強度化のほか、シートバックを高め、後ろからの衝突に対し上体の支持を安定させ、頭部への衝撃を和らげる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る