MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/07
  • レブスピード編集部 加茂 新

すごいぞ、スイフトスポーツ!! 第10回 鈴鹿サーキットで2分31秒台をマーク!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
サスペンションはオリジナル仕様のオーリンズでスプリングはF16kg/mm R10kg/mmと高めで味付けるクライススズキ
本格的に各地のサーキットをアタックし始めたZC33Sスイフトスポーツ。軽量ボディ+ターボエンジンは痛快な走りでも、雰囲気でもなく、本物の速さを持ったクルマなのだ。今回は鈴鹿サーキットでの模様からその実力を探る

すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第9回富士ショートで33秒って異次元のタイム!?

レブ号のサスペンションはテイン フレックスZ でバネレートはF5kg/mm R3.5kg/mmと街乗りも快適な味付け

 筑波サーキットではラジアルタイヤですでに1分3秒台をマークするデモカーもいる。ひと昔前のシルビアよりも遥かに速く、R32/33/34GT-Rやランエボ、インプレッサと肩を並べると言っても過言ではない。むしろ、ライトチューンというカテゴリーならスイフトスポーツの方が速いのでは!? と思ってしまうほどだ。

 今回は2018年12月25日に行われたレブスピード後援の「レブスピード鈴鹿サーキットランミーティング」が舞台。
 走ったのはレブスピード連載号とクライススズキ号だ。
 クライススズキはスズキアリーナ橋本のブランド。つまりスズキの販売ディーラーのクルマなのだ。西畑代表は新車販売のスペシャリストでありながら、スーパー耐久やワンメイクレースに参戦する鈴鹿のスペシャリストでもある。
 ひそかにレブスピードのスイフト担当である加茂(ワタシ)は西畑代表を目標としてきた。

 ZC32Sの時代にレブ号のベストタイムは2分38秒9。タイヤはDIREZZA ZⅡスタースペックだった。冬の朝イチに叩き出した結構なタイムだったと自負していたが、クライススズキZC32Sは西畑代表のドライブで2分34秒をマークしていた……。
 しかし、タイヤはDIREZZAよりも速いと言われているADVAN A052。きっと同じタイヤになれば同じくらいのタイムが出ると踏んでいたのだ。

 今回の鈴鹿アタックではどちらもタイヤはDIREZZA ZⅢ。レブ号が215/45R17と外径大きめで、クライススズキ号は215/40R17と純正同等の外径。これが勝負の明暗を分けていたのか、圧倒的実力差なのか。。。

 叩き出したタイムは、
クライススズキ号 2分31秒519
レブスピード号  2分35秒595
ボロ負けでした。。。同じタイヤなのに。。。

 ちなみにどちらも仕様はほぼ同じで、ECU書き換え、マフラー交換、ブレーキパッド交換、サスペンション、スポーツラジアルタイヤといった程度。
 鈴鹿という難コースにドライバーの技量の差が出たと言えるが、素人の加茂が乗ってもZC32Sから軽く3秒アップ。西畑店長も3秒アップ。まだまだ詰める余地がある状態で、煮詰めまくったZC32Sから3秒アップなのでまだまだタイムアップする予感。

レブ号はまだ恥ずかしくてこんなこと言える立場に無いが、クライススズキ号ともども2分30秒切りを狙っている。



すごいぞ、スズキ・スイフトスポーツ!!番外編(第11回) 空力でなにが変わる!?

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る