MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/16
  • HYPER REV編集部

キミは13B-MSP搭載のトゥクトゥクを見たか!?【東京オートサロン2019】

ロータリーエンジン搭載の3輪車は世界初!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
後ろにチラッと見えるハイエースが、R35GT-RのVR38DETTを搭載したビタボン号。それに続く変わりダネ第2弾(!?)が、このトゥクトゥクだ。
北11ホールで目にした見慣れない3輪車。
CSOコーポレーションが出展したのは、
タイで市民のアシとなっているトゥクトゥクだ。
が、フレームむき出しのシャシーを見てみると、
そこにはありえないエンジンが収まっていた(笑)!!

エンジンの直上にドライバーが乗るため、できるだけエンジン高を抑えたい。そのため、かなりムリクリ感のあるインマニをつくり、オルタネーター位置の変更なども行われている。

昨年の東京オートサロンにVR38DETTを搭載した200系ハイエース、通称“ビタボン号”を出展し、話題を集めたCSOコーポレーションが今年もやってくれた。

まだ製作途中だが、タイの街を走り回ってるトゥクトゥクをベースに、もともと搭載されていたダイハツの660ccエンジン+ATを降ろして、なんとRX-8の13B-MSPエンジンを載せてしまったのだ!

その作業を行なったのはFNATZ田中さん。

いわく、「エンジンはオーバーホール済み。NAっていっても200psくらいあるから、載せるにあたってまずフレーム補強をしたでしょ。それと、エンジンの真上に運転手が座るから、できるだけエンジン高を抑えたい。なもんでインマニをつくったり、オルタネーターの位置を変えたり…まぁいろいろやったね」とのこと。

ちなみに、エンジンはLINK ECUでのフルコン制御を予定しているというから本格的だ。

組み合わされるミッションは“ビタボン号”で使われていたハイエース用5速MT。それを、RX-8用ベルハウジングを加工してドッキングしている。

「リヤのホーシングは何用か忘れちゃったけど、たしか軽トラのだよ」と田中さん。

各部に、ドナーとなったRX-8の痕跡が…

もともとATだったため、インパネ左側にシフトレバーを新設。ロータリーを模したデザインのシフトノブは、誰がどう見てもRX-8用以外の何モノでもない(笑)。
本来スロットルはバイクのように右手で操作するが、フロア右側にアクセル(とブレーキ)ペダルを設置。後方のサイドブレーキレバー、これもRX-8から拝借だ。

CSOコーポレーションでは、このトゥクトゥク改13B-MSP仕様を車検対応に仕上げ、ナンバー取得を考えている。

「200psの3輪車って走らせたらコワそう…」という、実にごもっともな意見もあるだろうけど、「ロータリーサウンドを放ちながら街中を疾走するトゥクトゥクの姿をぜひとも見てみたい!」という思いの方がはるかに勝っているのは紛れもない事実だ(笑)。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る