Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

トヨタ新型スープラの価格を推測する 3ℓ直6スープラの北米での価格は8%消費税込み換算だと約589万円から。日本仕様はいくらになるか?2ℓ4気筒SZの日本国内価格は税込560万円?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型スープラ・ローンチエディション

デトロイト・ショーでデビューした新型トヨタ・スープラ。その価格は、MSRP(メーカー希望小売価格)で4万9990ドル(約545万円 1ドル=109円で換算)。果たして、日本仕様はいくらになるか、予想してみよう。

アブソリュート・ゼロ・ホワイトというボディカラーを纏う、ローンチエディション。エンジンは3.0ℓ直6だ。

 まず、北米向けに最初に生産される1500台は、『ローンチエディション』として5万5250ドル(約602万円)のプライスタグがつく。この約602万円の価格は、MSRP(Manufacturer’s Suggested Retail Price )で、いわゆるメーカー希望小売価格だ。もちろん、税抜き価格だ。つまり、これに8%の消費税が足されたとすると、日本では約650万円ということになる。

 このローンチエディションは、ボディカラーが「アブソリュート・ゼロ・ホワイト」「ノクトナル(nocturnal)ブラック」「ルネッサンス・レッド2.0」になり、真紅のミラーキャップと19インチ鍛造ホイールがつく。
 インテリアは、「アブソリュート・ゼロ・ホワイト」「ノクトナル(nocturnal)ブラック」がレッド。「ルネッサンス・レッド2.0」は、ブラックトリムインテリアとなる。
 また、このローンチエディション1500台については、カーボンのシリアルナンバーバッジがつく。このバッジには、トヨタのグラフィックと豊田章男社長のサインが入るという。

 さて、ここまでが特別グレード「ローンチエディション」の話。ここからはレギュラーモデルについてだ。

 グレード構成は
ベースグレードである「3.0」
上級グレードの「3.0Premium」
の2グレード。
ローンチエディションは、3.0Premiumをベースにしている。

3.0
価格(MSRP):4万9990ドル(約545万円)
 3.0は、6.5インチディスプレイ、アルカンターラ地のシートを装備する。ナビゲーション、JBL製オーディオ、は2460ドル(約26万8000円)のオプションだ。

3.0Premium
価格(MSRP):5万3990ドル(約588万円)
 3.0Premiumは、8.8インチ・ワイドスクリーンタッチ式ディスプレイ、ナビゲーション、スープラコネクテッドテレマティクスサービス、Apple CarPlay、12スピーカーJBLオーディオ、ワイヤレススマホ充電システム、ヘッドアップディスプレイを装備すr。3.0Premiumはレザーシートが標準だ。

 また両グレードともに、ドライバーズアシスタンスパッケージオプションは1195ドル(約13万円)を選べる。

 とここまで詳解してきたが、まとめると、日本仕様のRZ(3.0ℓ直6ターボ搭載グレード)の価格は、
588万円+ドライバーズアシスタンスパッケージの13万円=601万円
これに消費税8%を乗せた金額
649万円
が車両本体価格になると予想できる。

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ