Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

トヨタ新型スープラは「1.55」これがスポーツカーの黄金比だと。では、911は?86は? これより小さい数値のスポーツカーは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のスープラ/Z4を語るのにホイールベースをトレッドで割った1.55という数字が出てくる。曰くこれがスポーツカーの黄金比だと。そこでいくつか調べてみた。

 新型スープラのプレスリリースには、こう書いてある。

• ホイールベースは、2シーターに割り切ることで86よりも100mm短い2,470mmを実現しています。
• それにより、ホイールベースとトレッドの比は1.55という、他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値を達成しており、優れた回頭性に寄与しています。

 前後重量配分50:50と言う話は良く出てくるが、ホイールベースとトレッドの比というのは、あまり聞かない。

確かにスープラは

トヨタ・スープラ=1.55

全長×全幅×全高:4380×1865×1295mm
ホイールベース:2470mm
トレッド:F1594/1589mm

で、2470÷1594(フロントトレッド)=1.5495
となり、リリース通りに1.55となる。

つまり、ホイールベースに対して、タイヤがより踏ん張っているプロポーションだと言うことだ。これがスポーツカーの黄金比というなら、他のスポーツカーと比べてみないわけにはいかない。

 まずは、スポーツカーの標準器としてポルシェ911に登場してもらおう。モデル992に進化したばかりのポルシェ911は

ポルシェ911:1.54

全長×全幅×全高:4519×1852×1300mm
ホイールベース:2450mm
トレッド:F1589/1557mm
1.54

となる。
おそらく、新型スープラの北米でのライバルになるであろうメルセデス・ベンツSLCは

メルセデス・ベンツSLC:1.56

全長×全幅×全高:4133×1810×1301mm
ホイールベース:2430mm
トレッド:F1559/1565mm
1.56

だ。たしかに、1.55付近に数値が集中している。


では、仮想ライバルのポルシェ917ケイマンはどうだ?

ポルシェ917ケイマン:1.63

全長×全幅×全高:4379×1801×1286mm
ホイールベース:2475mm
トレッド:F1515/R1532mm
1.63

と、スープラより数値が大きい(つまり、ホイールベースに対してトレッドが狭い(ちょっと弱々しいスタンスに見える?)。

1.5台の数値を探していくと

フェラーリ488GTB:1.58

全長×全幅×全高:4568×1952×1213mm
ホイールベース:2650mm
トレッド:F1679/R1647mm
1.58

V8エンジンをミッドシップするフェラーリ488GTBが1.58だ。

同じミッドシップでもエンジン横置きミッドシップのアルファロメオ4Cの場合は……。

アルファロメオ4C:1.45

全長×全幅×全高:3990×1870×1185mm
ホイールベース:2380mm
トレッド:F1640/R1595mm
1.45

 となる。確かに特異なプロポーションに見える。

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ