MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. NSX

ホンダNSX×ランボルギーニ・ウラカン スパイダー 新型ホンダNSXの魅力はスーパースポーツカーの先輩であるランボルギーニ・ウラカンの対極にいるところだ

  • 2019/02/02
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

方向性は違えど、それぞれスーパースポーツを名乗るに相応しい出来

 ハンドリングや乗り心地の面でも2台は好対照の関係にある。

 ウラカンのほうが乗り心地はやや硬めに思えるが、これは路面からの微振動を正確に伝える傾向が強いからだろう。これに比べるとNSXはサスペンションになにかのフィルターがかかっているかのようで、細かなバイブレーションはきれいに消し去られている。ただし、2台ともボディ剛性は十分に高いので、硬めの足まわりでも不快に感じられないことは特筆しておきたい。

 ハンドリングはウラカンのほうが切り始めのゲインが高めで、いわゆるアジリティはより鋭く感じられる。それでも優れたスタビリティを確保できているのは、やはり4WDの恩恵か。これに比べると、NSXのハンドリングはとりたててアジリティが強調されているとはいえないが、リニアリティは極めて高く、ステアリングを切れば切っただけ曲がっていく感覚が強い。

スウェードとレザーをセンスよく組み合わせたウラカンスパイダーのインテリアデザイン。
曲線を活かして筋肉の隆起を想起させるホンダNSXのインテリア。

 それにも増してNSXで特徴的なのは、SH-AWDの効果によりコーナー進入時の荷重移動をほとんど意識しなくても思い通りにターンインしていく点にある。いっぽうのウラカンはセオリー通りフロント荷重にしてからステアリングを切り込むことでシャープなハンドリングが楽しめる。この点でもウラカンがオーセンティック、NSXが未来的といえそうだ。

 我々が長く親しんできたスーパースポーツカーの価値観に立脚したウラカンと、これまでになかった価値観を創造しようとするNSX。どちらがいい悪いではなく、乗り手の感性への訴え方に大きな違いがあると感じずにはいられなかった。
 
※本記事は『GENROQ』2019年2月号の記事を再編集・再構成したものです。
 

上質なレザーをあしらったスポーツシートはリクライニングも可能だ。
写真のレッドカラーのセミニアンフルレザーシートはMY19から選択可能となった。
走行モードは「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」の3つのモードから選択できる。
走行シーンに応じて車両特性を変更できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モード制御が最適化された。
贅沢なカーボン・コンポジットローターを採用する。制動力、コントロール性ともに極めて高いレベルに達している。
MY19では新たにNSX専用となるコンチネンタル・スポーツコンタクト6を装着した。

ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
■ボディスペック
全長(㎜):4459
全幅(㎜):1924
全高(㎜):1180
ホイールベース(㎜):2620
車両重量(㎏):1542(Dry)
■パワートレイン
エンジンタイプ:V型10気筒DOHC
総排気量(㏄):5204
最高出力:449kW(610㎰)/8250rpm
最大トルク:560Nm(57.1㎏m)/6500rpm
■トランスミッション
タイプ: 7速DCT
■シャシー
駆動方式:AWD
サスペンション フロント:ダブルウイッシュボーン
サスペンション リヤ:ダブルウイッシュボーン
■ブレーキ
フロント&リヤ:ベンチレーテッドディスク
■タイヤ&ホイール
フロント:245/30R20
リヤ:305/30R20
■環境性能
燃料消費率:15.1 (ℓ/100㎞:EU複合モード)
■車両本体価格(万円):3270.443

ホンダNSX
■ボディスペック
全長(㎜):4490
全幅(㎜):1940
全高(㎜):1215
ホイールベース(㎜):2630
車両重量(㎏):1800(※)
■パワートレイン
ハイブリッド方式:フルハイブリッドシステム
システム合計出力:427kW(581ps)
システム合計トルク:646Nm(65.9kgm)
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量(㏄):3492
最高出力:373kW(507㎰)/6500〜7500rpm
最大トルク:550Nm(56.1㎏m)/2000〜6000rpm
電気モーター出力:Ⓕ27kW(37㎰)×2 Ⓡ35kW(48㎰)
電気モータートルク:Ⓕ73Nm(7.4㎏m)×2 Ⓡ148Nm(15.1㎏m)
■トランスミッション
タイプ: 9速DCT
■シャシー
駆動方式:AWD
サスペンション フロント:ダブルウイッシュボーン
サスペンション リヤ:ウイッシュボーン
■ブレーキ
フロント&リヤ:ベンチレーテッドディスク
■タイヤ&ホイール
フロント:245/35ZR19
リヤ:305/30ZR20
■環境性能
燃料消費率:12.4(㎞/ℓ:JC08複合モード)
■車両本体価格(万円):2370
※カーボンセラミックブレーキローター装着車は1780㎏

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ