MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/04
  • WEB OPTION編集部

スズキ スイフトスポーツにさらなる速さを『三菱ハイフロータービン』でゲット!【WEB OPTION】

パーツメーカーのTRUSTがトライするタービンチューン

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブーストアップ+吸排気効率アップ、ECUチューニング、ブーストアップなど、着実に戦闘力をアップさせている業界注目のトラストが制作するスイフトスポーツ(ZC33S)。そして2018年末、さらなるパフォーマンスアップを狙ってついにタービン本体の風量拡大に着手した。

 トラストのスイフトスポーツチューニングにおいて、目玉となるタービンは、三菱製ハイフローを使った「アップグレードターボ」だ。このハイフロータービンは出力面はもちろんのこと、信頼性が高い純正タービンと同じメーカーであること、そしてノーマルハウジング仕様のために「完全ポン付け」が可能などメリットが非常に大きい。

 そんなタービンの性能を引き出すべく、インタークーラーの大型化をはじめ、マフラーもコンフォートスポーツからより排気効率重視のパワーエクストリームRに交換するなど各部に手を入れている。
なお、タービン自体のポテンシャルは230psを狙える風量を誇るが、過度のパワーを狙うと燃料が足りなくなるため、現状190psあたりに抑えているという状況だ。

 その他、パワーを100%を使い切るためのタイヤチョイス(フロントに235/リヤに215のRE-12D)や、抜群の路面追従性を誇るサスペンションなど、ZC31S時代から10年以上スイフトスポーツの可能性を探り続け、すべてを知り尽くしたトラストらしい盤石のチューニングメニューで仕上げられている。

 K14Cのエンジン内部には手を加えずにエンジンの持つパフォーマンスを最大限まで引き出すように補機類を選択。現状の出力はブースト1.5キロで195ps。ここから先を狙うには直噴インジェクターの制御が必須で「直噴のレール圧をイジってパワーアップを狙っていきます」とは、スイスポ開発担当のトラスト渡部さん。

 樹脂製のカバーが取り外され、エンジン後方に伸びるサクションパイプやエアインクスがチューンドの雰囲気を引き立てる。この位置はフレッシュエアを取り込むには最適とのこと。

 タービンは三菱製ハイフロータイプ(17万円)。燃料を増量すればブースト圧を高めてさらなる出力向上が見込めるサイズで、トラストではハイフロー用のECU(セット購入で3万円)も用意している。

<スペック>
■エンジン:(設定ブースト圧:1.2キロ):GReddyハイフロータービン、ハイパフォーマンスECU、エアインクスキット、パワーエクストリームR60Φマフラー(センターパイプ付き)、パイピングキット、インタークーラー、オイルクーラーキット
■ドライブトレイン:機械式1WAY LSD
■サスペンション:GReddyハイパフォーマンスダンパー(F8kg/mm R6kg/mm)
■ブレーキ:ウインマックスARMA SPORT AP2
■ホイール:ボルクレーシングCE28SL(F8.5J×17+45、R7.5J×17+48)
■タイヤ:ブリヂストン ポテンザRE-12D(F235/40R17 R215/45R17)
■インテリア:GReddyシリウスメーター、インフォタッチ/ブリッドGIASII
■エクステリア:GReddyフロントスカート、リヤウィングスポイラー カーボン他

■WEB OPTIONの関連記事はこちら■

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る