MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > スズキ > ジムニー > スズキ・新型ジムニーのカスタマイズカーを一挙総覧!~第3弾~
  • 2019/02/05
  • MotorFan編集部

スズキ・新型ジムニーのカスタマイズカーを一挙総覧!~第3弾~

大阪オートメッセでチェックしたいジムニーのカスタマイズカーをチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
多くのスズキ ジムニー/ジムニーシエラのカスタマイズカーが展示された東京オートサロン。改めてジムニーの持つポテンシャルを感じることができた。2月9日~11日にインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ」(主催:オートメッセアソシエーション)でも、多くのジムニーが展示されるはず。ということで、ここで大阪オートメッセの予習をしておきましょう!(ここで掲載されるジムニーがすべて展示される確証はありません。現地でお確かめください)

JAOS NEW JIMNY

全体的には端正な仕上がりではあるものの、唯一アンバランスな重さが感じられるJB64の純正ノーマルのフロントバンパー。
そんな印象を一新したのが、オフロードカーやSUVのパーツやコンプリートカーを多数手がけるJAOS(ジャオス)だ。

このフロントカウルと呼ばれるウレタン製バンパーは、熟練のモデラーによるハンドメイドならではの技巧とCADとの融合から生まれたものだ。その他、立体的な開口部の造形を採用したフロントグリルやチタンカラーのテールエンドを持つBATTLEZマフラーなどが装着されている。

人気の新型ジムニーは、信頼性の高い名門JAOSのパーツで武装したいものだ。

そんなJAOSは、大阪オートメッセ2019にブース出展する。JAOSによると、アジアクロスカントリーラリー2018を走破したトヨタハイラックス "AXCR2018"と、昨秋の登場で話題の"ブラックラリーエディション"ルックにモディファイしたハイラックスデモカーを展示するという。
残念ながら新型ジムニーの展示はなし!?

ジャオスの展示は5号館(アクティブライフゾーン)となる。

RAYS

RAYSがジムニー専用ホイールとしてさっそく開発したのが『デイトナSTX-J』。
リムフランジからセンターに向かってDC加工と呼ばれる逆テーパー処理を施すことで、ダイヤモンドカット仕様のスポーク部分が浮き上がったかのような立体感を演出している。フランジ頂点とセンターとの落差が約45mmというコンケイブデザインも大きな特徴だ。ストリート派からオフ&ダート派まで、幅広いユーザー層に受け入れられそうだ。
RAYSはジムニー用サイズのホイールを、各ブランドからリリースしているので、ぜひ大阪オートメッセのRAYSブースでチェックしてほしい。

JIMNY Concept L/C ~RV-Park 梯子車体~

フロントグリル内のTOYOTAエンブレムからも分かるように、今もなお、根強い人気を誇るランドクルーザー40系をモチーフにJB64を昭和レトロな雰囲気でカスタマイズ。
レッドのボディカラーは剥がせる塗料、ラバーディップによるものだ。
ホワイトカラーのホイールは一見スチール風だが、れっきとしたアルミ製(アピオ・ワイルドボアSR)。
こんなユニークなカスタムが嫌味なく似合ってしまうのも、ジムニーならでは。

ガレージ力 ジムニーシエラ ~garage力~

フェアレディZやGT-Rなど、どちらかといえばREVSPEEDやOPTION系のハイパフォーマンスカーをベースとしたチューニングを得意とする三重県のガレージ力がジムニーシエラをモディファイした。
試作エキゾーストマニホールド、試作オリジナルマフラーの他、ECUにも独自のセッティングを施し、NAのままの状態で130馬力をマークしたという。
足回りも力脚スプリング、オリジナルダンパーなどで強化。キビキビとした乗り味が楽しめる1台に仕上がっている。

S.A.F. JIMNY Euro R ~スズキアリーナ富津/KLC~

千葉県のスズキディーラー、スズキアリーナ富津が製作したJB64。
ユーロテイストを取り入れたフロントバンパーやスッキリとした2本バーのグリルは同社オリジナルのユーロRモデル。
ガンメタ塗装のホイールはマッドヴァンス01のSAF専売カラーとなっている。
足回りは1.5インチアップのコイルが採用され、調整式ラテラルロッドや専用ロングブレーキホースなど車高アップに伴う補正も万全に行われている。

阿部商会 JIMNY

ビルシュタインはいち早くスポーツダンパー『B6』を発表。
これは純正形状タイプのスポーツダンパーで、ノーマルのコイルスプリングに合わせて開発された。車高はノーマルキープ。
快適な乗り心地を確保しながら、コーナリング時の応答性を高めているという。
ノーマルのコイルスプリングそのままで、ダンパーのグレードアップが可能というわけだ。
近日発売予定で価格は1台分10万円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る