MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/09
  • MotorFan編集部

スバル初代レガシィが未曾有の大記録に挑んだドキュメント“LEGACY10万km世界速度記録挑戦”を動画で観る

レガシィ登場30年。初陣を切った初代レガシィはとんでもないことに挑戦し、そして目的を達成する【SUBARU On-Tube】

このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像はスバル公式動画(YouTubeより)
米・アリゾナで1989年1月、初代レガシィのプロトタイプ3台が10万km連続走行世界速度記録に挑戦。ステージはATC(アリゾナ・テスト・センター)。1周9.182km、砂漠の中のハイスピードテストコースにてその挑戦が行われた。そのドキュメント映像が公式動画【SUBARU On-Tube】にて公開されている。

日本から87名、アメリカから17名、日米混成スタッフでチャレンジ

※画像はスバル公式動画(YouTubeより)

 1988年12月、成田空港より秘密裏に、初代レガシィのプロトタイプ(挑戦車3台/予備車1台)がアメリカに空輸された。目的地は、アメリカ・アリゾナ州にあるATC(アリゾナ・テスト・センター)。

 ここで初代レガシィは、前人未到の記録に挑んだ。

“世界速度記録挑戦10万km”。1986年、サーブ9000ターボは平均速度213.299km/hを叩き出す。

 初代レガシィは、そのサーブ9000ターボの記録を上まわる巡航速度230km/hオーバーで走り切ることにチャレンジする。

 テストコースを実に1万890周。昼夜を分かたず19日間の高速連続走行を戦い抜かなければならないというものだった。

臨場感たっぷり! 2部構成の動画をお楽しみください

(1/2)LEGACY10万キロ世界速度記録挑戦 ー男たちの10万キロー
(2/2)LEGACY10万キロ世界速度記録挑戦 ー男たちの10万キロー

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る