MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/25
  • MotorFan編集部

日産リーフe+(イープラス):「プラス100kmの安心感」「プラス50kWの加速感」「ほとんど劣化しません」

NISSAN Leaf e+(イープラス)

このエントリーをはてなブックマークに追加
バッテリー容量を40kWhから62kWhへ大きく拡大したハイパフォーマンス版リーフ。バッテリー容量の拡大は、そのまま航続距離の延長につながる。もちろん、価格も上がる。それをどう考えるか? ジャーナリスト世良耕太が、e+(イープラス)という名の、リーフを試す。

TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 電気自動車の日産リーフにハイパフォーマンス版の「e+(イープラス)」が追加になったのは1月9日のことだ。11日からオーダーを取り始めると、注文が殺到したという(発売は23日)。リーフのハイパフォーマンス版が出ることは知られており、発表を待ち望んで販売店に足を運んだお客さんがほとんどだったという。

 e+の特徴のひとつは、バッテリーの容量が大幅に増えたことだ。素のリーフが40kWhなのに対して、e+は62kWhで55%増である。では、販売店に足を運んだお客さんがみんなe+を選んだかというとそんなことはなく、1〜2月の試乗フェアでの受注内訳は、62kWhのe+が40%で、40kWh版が60%だったという(全体の6%はNISMOだ!)。

 販売店で説明を受けつつ自分の使い方と照らし合わせてみた結果、「40kWhで十分」との判断に至った購入者が多かった。e+の登場は、選択肢を増やす効果をもたらしたことになる。スマホを購入する際と同じで、「512GBも選べるけど、128GBで十分でしょ。値段も違うし」といった状況だろう。40kWh版と62kWh版ではざっと50〜73万円の価格差がある。

 62kWhの大容量バッテリーを得たことで、航続距離は大幅に伸びた。カタログの数字を見ると、JC08モードで570km、日本のWLTC(超高速モードを含まない)では458km、欧州WLTC(コンバインド)で推定385km、米国EPAでは推定最大364kmとなる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る