MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/12
  • MotorFan編集部

【簡易キャンパーで遊ぼう!】トヨタ・ハイエース〈UI Vehicle/フリースタイルエディション 快適車中泊モデル〉

必要最小限で快適な車中泊を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボディサイズ:1ナンバー
乗車定員:5名
就寝定員:3名
電源:有(オプション)
全国納車:可
価格:300万円(税別)〜
ベース車両はワイドの「スーパーGL」で、特別仕様となるダークプライム。キングサイズベッド級の広大なベッドスペースを獲得したいならワイドが適役だが、この車中泊キットはナローボディにも対応できる(276万円〜)。 2WD、4WDとも対応可、 基本はコンプリート販売。

座席


この車中泊仕様ではコンフォートレザーシートカバーが標準装備。カラーはライトグレー&ブラック、ブラック&ブラックの2色から選択できる。とはいえシート自体は純正と同様だから、リクライニング機能やスライド機能は純正同様だ。

上段ベッドから天井までの高さ:400〜445㎜ 下段ベッドから天井までの高さ:900〜1150㎜ 下段ベッドから床面までの高さ:290〜490㎜ ベッドの厚み:50㎜

ベッド収納&走行時

ベッドを展開した状態でも、ベッド下に長尺物を収納できるなど積載性は抜群。ベッドを外してしまえば広大な荷室スペースが出現するため、日常使いはもちろん、長旅の大きな荷物でも問題なく積載できるのが魅力だ。2列目シート背面には20㎜のウレタンを内蔵する。

うれしい装備

簡易床張りキットも標準装備。ラゲッジ部分がフラットになるため、荷物の積み降ろしがスムーズにできるなどメリットは大。カラーは全96色から選べる。

充電式サブ電源を搭載

リチウムイオンバッテリーシステムは、接続しておけばサブバッテリーとして機能できるのが特徴。メインバッテリーの状態を気にせず、テレビや照明などの電装品を仕様できるから便利だ。ちなみに家庭用の予備電源としても活用できるほか、災害時の備えとしても有効。

簡易キャンパーのすべて No.3
愛車を選ぼう!!
本格的なキャンピングカーよりも手軽な価格で購入できて、通勤や買い物といった通常の足にも使える車中泊対応の「簡易キャンパー」を特集した第3弾が登場。
ミニバンや軽自動車、そして簡易キャンパーのベース車両として最も高い人気を誇るハイエースなど全37台のショップ制作コンプリートカーを紹介。ベッドキットの広さや様々な装備の使い勝手などを見比べることができます。

定価:864円 (本体価格800円)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る