MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. クラウン

新型トヨタ・クラウンをEクラス、レジェンド、フーガと徹底比較!〈コクピット/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

  • 2019/03/21
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

LEGEND Hybrid EX

2850㎜のホイールベースに対して、全長は5030㎜と大きく、特にフロントオーバーハングの長さが際立つディメンジョン。最小回転半径も6.0mの大台で、取り回しには少し気を遣う。

全高:1480mm
全長:5030mm
ホイールベース:2850mm
全幅:1890mm
ミラー to ミラー:2160mm
荷室開口高:680mm

リアルステッチソフトパッドや木目調パネルを贅沢に使用し、ラグジュアリーな世界観を表現。エレクトリックギヤセレクターやマルチユース・ディスプレイ、Hondaインターナビなど、独自のインターフェースを数多く標準装備する。

リヤシート高 560mm
フロントシート高 530〜590mm

前席ベンチレーション機能を備えた本革シートを標準装備。シートヒーターは後席左右にも装備される。後席のニースペースは約270㎜、頭上約50㎜と広く、左右の幅にゆとりがあるのも特徴。

中周波のロードノイズを低減し、静粛性を高める19インチノイズリデューシングアルミホイールを標準装備。タイヤはミシュランのパイロットスポーツ3を履く。

3.5ℓ直噴V6エンジンと合計3つのモーターを搭載したSPORT HYBRID SH-AWDを採用。駆動方式や駆動力を自在に変化させ、旋回性能や安定性を高める。
最小幅 1080mm 奥行き 670mm

ハイブリッドシステムのパワーユニットをリヤに搭載するため、奥行きは少し制限されている。フロア奥のスペースを有効活用し、棚が設けられている。

FUGA HYBRID

新型クラウンと比較すると、全長は70㎜、全幅は45㎜長く、アグレッシブな表情と筋肉質なボディラインが特徴。FR車の最小回転半径は全車共通で5.6mと、意外に小さな数値だ。

全高:1500mm
全長:4980mm
ホイールベース:2900mm
全幅:1845mm
ミラー to ミラー:2095mm
荷室開口高:750mm

大きな存在感を示すセンターコンソールに木目調フィニッシャーを多用し、高級感を演出。撮影車はオプションのプレミアムインテリアパッケージも備わり、上質感が高められている。カーウイングスナビゲーションは全車に標準装備。

リヤシート高 590mm
フロントシート高 540〜620mm

撮影車はオプションパッケージの本革シートと前席エアコンディショニングを装備。「VIP」系グレードには後席のパワーリクライニングも備わる。後席ニースペースは約220㎜、頭上空間は約50㎜。

20インチが標準となる「370GTタイプS」 を除いて、全車写真の18インチアルミホイールを標準装備。タイヤはダンロップのSPスポーツマックス050が装着されている。

3.5ℓのV6エンジンと1モーター2クラッチを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。 一方、コンベンショナルな2.5ℓと3.7ℓのV6ガソリン車も設定。
最小幅 850mm 奥行き670mm

ハイブリッド車、ガソリン車ともに後席の可倒機構は備わらず、容量はある程度限られている。それでもサイズによってはゴルフバッグ4セットを収納できる。

ニューモデル速報 Vol.571 新型クラウンのすべて

スマートな輝き
ドライビングインプレッション
アウトライン
開発ストーリー
コネクティッドサービス

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ