MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/01
  • レブスピード編集部

GTウイングを極端に立てると最高速は落ちるのか?〈ings86でエアロパーツの効果を佐々木雅弘選手が試す:第2回目>

トヨタ86:空気抵抗が増えて最高速が落ちるかと思いきや、逆に最高速が伸びる結果に唖然!

このエントリーをはてなブックマークに追加
GTウイングの調整しろいっぱいに角度を立ててみて走行する
 フルエアロが装着されたイングスの86にて、空力パーツの効果を実証する企画の第2回目。鈴鹿サーキットにて、GTウイングを極端に立てたらどれくらい最高速が落ちるのか興味本位で試してみる。テスターはレーシングドライバーの佐々木雅弘選手だ。

Test3  GTウイングを極端な角度まで立てると最高速はどれくらい落ちる?

 連載「第1回目」をチェックしてもらったことを前提に、Test3に進もう。ここではGTウイングの角度を調整する。極端に立てるとダウンフォースはさらに向上するのか? 最高速はやっぱり落ちるのか?

このように極端な角度にセッティングすることはないが、果たしてどうなる? 

Test3 GTウイングを極端に立てた状態
ラップタイム 2’26.906
最高速 204.42km/h

こちらは適正なGTウイングの角度
GTウイングに極端な角度をつけた状態。いかにも空気抵抗が大きそう

 しかし、想定とは逆の結果となった! なんと、通常の角度のときよりも130Rまでの最高速が204km/hまで伸びる結果に(通常の角度でガーニーフラップありが201km/h、ガーニーフラップなしが203km/h)。

 最高速の数値自体は伸びたが、ラップタイムは適正な角度だったTest2の状態から1.3秒も落ちてしまった。
佐々木雅弘選手は「リアの挙動がなんだか不安定」という。S字区間でもアンダーステアで向きが変わるのが遅くなってしまった。スプーンふたつめでは極端なアンダーステアが発生している。

 コーナー進入ではアンダーステアを助長させる結果なのだが、バックストレートの最高速が204km/hまで伸びているのはなぜか? これは極端に立てたことで、高速域ではウイング効果がなくなったことが推測できる。

 3D形状のウイングでは、角度を極端に起こしてもダウンフォースが比例して高まるわけではない、逆に起こし過ぎたことでウイング効果がなくなってしまい、未装着並み(テストは次回に掲載)に最高速は上がったことのようだ。

 次回はここからGTウイングを外した状態での最高速やラップタイムの推移を報告する。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る