MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/12
  • 「東新宿交通取締情報局」

首都高のHシステムも絶滅寸前! 4号新宿線に続いて池袋死傷事故現場の真上!5号池袋線下りの名物Hも、消滅!【交通取締情報】

事前警告板は残存! 世代交代も、あり?

このエントリーをはてなブックマークに追加
4号新宿線下り、三宅坂IC先に続いて、5号線池袋線下りのHシステムも撤去された。

これで首都高のHは、湾岸線の1機のみに!

☆撤去オービスDATA
場所:東京都豊島区南池袋2
道路:首都高速5号池袋線
方向:下り
機種:Hシステム
速度測定方式:レーダー式
制限速度:60km/h

 首都高都心環状線から5号池袋線へ入り護国寺出口先のカーブを過ぎた先で、2車線を捕捉していたHシステムが、この2月に姿を消した。

 これはもちろん、Hシステム撤去の流れにもよるものだが、4号新宿線のH撤去ポイント同様、まだ事前警告板が残されているところを見ると、新規交代の可能性も捨てきれない。ただし、オービスが撤去されたからといって相変わらず事故多発区間=要スピード取り締まり区間であることには変わりはないので、警告板によるスピード抑止を狙っているのかもしれない。事実、中央環状線外回りにも、オービスはとっくの昔に撤去されているのに警告板が数枚、残存しているポイントがある。速度超過のクルマによる事故を、未然に防ぐというのがスピード取り締まり本来の目的でもあるのだ。

 とにかく、これで、首都高のHシステムは、湾岸線東行きに設置されている1機のみに。首都高からHシステムが消える日も、そう遠くないだろう。 

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る