MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/24
  • MotorFan編集部

マツダ3が正式デビュー! 価格、スペック、カラーバリエーション一挙紹介〈SKYACTIV-Xは7月に受注開始!〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
ついにMAZDA3(マツダ3)が日本において正式にデビューを果たした。ボディタイプはファストバックと呼ばれる5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類、エンジンは注目のスカイアクティブXと、2種類のガソリン、そしてディーゼルの計4種類をラインナップ。駆動方式はFFとAWD、トランスミッションは6速MTと6速AT、全8色のボディカラーと4種類のインテリアが用意される。見どころがありすぎて困ってしまいそうだが、まずは基本的なラインナップ構成を頭に叩き込もう。

ボディタイプはファストバックとセダンの2種類

ファストバック

 ロングノーズが際立ち、太いCピラーが印象的な5ドアは「ファストバック」と呼ばれる。いわゆるハッチバックボディだが、ミニバンのようなモノスペース的フォルムが一般的になりつつあるライバルたちとは完全に一線を画した流麗なスタイルだ。

【ファストバック】
全長×全幅×全高:4460×1795×1440mm
ホイールベース:2725mm
車両重量:1340〜1470kg

〈価格〉
SKYACTIV-G 1.5:218万1000円〜250万6080円
SKYACTIV-G 2.0:247万円〜271万9200円
SKYACTIV-D 1.8:274万円〜315万1200円
SKYACTIV-X:314万円〜362万1400円

セダン

 オーソドックスなセダンも用意されるが、リヤウインドウがなだらかに傾斜した「ファストバック風」スタイルを与えられている。全長はファストバックよりも200mm長いが、全幅とホイールベースはまったく同じで、全高は5mmだけ高くなる。

【セダン】
全長×全幅×全高:4660×1795×1445mm
ホイールベース:2725mm
車両重量:1350〜1460kg

〈価格〉
SKYACTIV-G 2.0:247万円〜264万9000円
SKYACTIV-D 1.8:274万円〜315万1200円
SKYACTIV-X:314万円〜355万1200円

エンジンは2種類のガソリンと1種類のディーゼル、そしてSKYACTIV-X!

SKYACTIV-X

 独自の燃焼方式である「火花点火制御圧縮着火(SPCCI:Spark Plug Controlled Compression Ignition)」を市販車として初めて採用した革新的エンジン。ガソリンの伸びやかな回転フィールと、ディーゼルの力強いトルクを兼ね備えているとのことで、内燃機関の歴史を変えるポテンシャルを秘めている。マツダが「M-HYBRID」と呼ぶ24Vシステムのマイルドハイブリッドと組み合わされる。

 駆動方式はFFとAWDが用意され、6速MTもしくは6速ATが選べる。

 受注開始は7月、販売開始は10月とされ、まだスペックは一部しか公開されていない。

【SKYACTIV-X】
排気量:1997cc
ボア×ストローク:83.5×91.2mm
圧縮比:15.0
最高出力:──
最大トルク:──
WLTCモード燃費:──


革新的エンジンSKYACTIV-X!新型Mazda3(マツダ3=新型アクセラ)でついに登場!試作エンジンからどこが変わったか?

新型Mazda3が積むSKYACTIV-Xエンジンの「M Hybrid」は24Vシステム! なぜ48Vではなく24Vなのか?【新型マツダ3(アクセラ)技術考察と予想】
SKYACTIV-G 1.5
SKYACTIV-G 2.0

 ガソリンエンジンは1.5Lと2.0Lの2種類が用意される。ダウンサイジングターボが全盛の昨今、適正排気量の自然吸気エンジンがもたらすナチュラルなドライブフィールが味わえるのはありがたい。1.5LはFFとAWD、6速MTと6速ATが用意される。2.0LはFFと6速ATのみのラインナップとなる。

【SKYACTIV-G 1.5】
排気量:1496cc
ボア×ストローク:74.5×85.8mm
圧縮比:13.0
最高出力:82kW(111ps)/6000rpm
最大トルク:146Nm/3500rpm
WLTCモード燃費:16.6km/L

【SKYACTIV-G 2.0】
排気量:1997cc
ボア×ストローク:83.5×91.2mm
圧縮比:13.0
最高出力:115kW(156ps)/6000rpm
最大トルク:199Nm/4000rpm
WLTCモード燃費:15.8km/L

SKYACTIV-D 1.8

 ディーゼルは1.8Lターボで、駆動方式はFFとAWDをラインナップし、トランスミッションは6速ATのみとなる。超高応答マルチホールピエゾインジェクターによって高圧かつ緻密な多段噴射を実現し、燃費・静粛性・排出ガスのすべてをより高次元にバランスさせたという。

【SKYACTIV-D 1.8】
排気量:1756cc
ボア×ストローク:79.0×89.6mm
圧縮比:14.8
最高出力:85kW(156ps)/4000rpm
最大トルク:270Nm/1600-2600rpm
WLTCモード燃費:20.0km/L

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFan厳選中古車物件情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る