MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. Eクラス

レクサスESをメルセデス・ベンツEクラス、BMW5シリーズ、ジャガーXFと徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

  • 2019/06/11
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサスESと聞くと、「シカゴ・ブルズ、ヘッドコーチ、フィル・ジャクソン、レクサスESを選ぶ───日本名、ウインダム……『アー・ユー・ウインダム?』」のCMを思い出してしまう人も少なくないだろう。そんなカムリのレクサス版といった立ち位置からスタートしたESは、いまやLSと見間違ってしまうほどのクオリティをオーラを備え、世界のライバルたちとも真っ向勝負できる存在になった。ここでは、そんな強力なライバルたちと、コクピットまわりやユーティリティ、そしてスペックを比較検証してみたい。

LEXUS ES

ミラーtoミラー:2030㎜ 荷室開口高:710㎜

全長が長く、全高が低いところが特徴で、低重心を感じさせる伸びやかなシルエットが魅力だ。通常のドアミラーの場合、ミラーtoミラーは2110㎜となる。

■ES300h“versionL”
全長×全幅×全高(㎜):4975×1865×1445
室内長×室内幅×室内高(㎜):2170×1535×1145
ホイールベース(㎜):2870
トレッド(㎜) 前/後:1590/1600
車両重量(㎏):1730
エンジン型式:A25A-FXS
エンジン種類:直列4気筒DOHC
ボア×ストローク(㎜):87.5×103.4
総排気量(㏄):2487
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):131[178]/5700
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):221[22.5]/3600-5200
燃料供給装置:筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
燃料タンク容量(ℓ):50(レギュラー)
モーター型式:3NM
モーター最高出力(kW[㎰]):88[120]
モーター最大トルク(Nm[㎏m]):202[20.6]
モーター動力用主電池種類:交流同期電動機
トランスミッション形式:電気式無段変速機
変速比:前進 ― 後退 ―
最終減速比:3.389
駆動方式:FF
サスペンション:前 ストラット 後 ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク 後 ディスク
タイヤ・サイズ:前 235/45R18 後 235/45R18
最小回転半径(m):5.9
JC08モード燃費(㎞/ℓ):23.4
車両本体価格:698万円

大型のセンターディスプレイやメーターを視認性の高い位置に配置し、手元で簡単に操作できる人間中心のインターフェースを実現。オプションのデジタルアウターミラーは慣れが必要だが、死角が減り、安全性が高まる。

前席シート高:540〜590㎜

「version L」には、セミアニリン本革シートを採用。前席ベンチレーションと前後シートヒーター、後席電動リクライニングも標準装備され、快適性を向上。後席の膝前スペースは約290㎜と、かなりのゆとりを確保している。

新設計の2.5ℓ直4エンジンを備える最新ハイブリッドシステムを採用。レギュラーガソリンでJC08モード燃費23.4㎞/ℓという優れた省燃費性能を誇る。
ノイズリダクション仕様の18インチアルミホイールを標準装備。タイヤはダンロップのSP SPORT MAXX050。
奥行き1080㎜ 最小値1100㎜

奥行きよりも幅で容量を確保しており、手前側の最大幅は約1650㎜と広い。後席の可倒機構は備わらないが、中央席部分のトランクスルーが可能となっている。

Mercedes-Benz E-Class

ミラーtoミラー:2070㎜ 荷室開口高:680㎜

意外にも全長は四車の中で最も短く、全幅も機械式立体駐車場の上限ギリギリとなる1850㎜をキープ。最小回転半径もAMGを除き5.4〜5.5mと小回りが利く。

■E200 4MATIC AVANTGARDE
全長×全幅×全高(㎜):4930×1850×1460
室内長×室内幅×室内高(㎜):―×―×―
ホイールベース(㎜):2940
トレッド(㎜):前/後 1605/1610
車両重量(㎏):1730
エンジン型式:274
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
ボア×ストローク(㎜):83.0×92.0
総排気量(㏄):1991
最高出力(kW[㎰]/rpm):135[184]/5500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):300[30.6]/1200-4000
燃料供給装置:電子制御式燃料噴射(直噴)
燃料タンク容量(ℓ):66(プレミアム)
トランスミッション形式:9速AT
変速比:前進 ①5.354 ②3.243 ③2.252 ④1.636 ⑤1.211 ⑥1.000 ⑦0.865 ⑧0.717 ⑨0.601 後退 4.798
最終減速比:3.067
駆動方式:4WD
サスペンション:前 4リンク 後 マルチリンク
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク 後 ベンチレーテッドディスク
タイヤ・サイズ:前 225/55R17 後 225/55R17
最小回転半径(m):5.5
JC08モード燃費(㎞/ℓ):13.4
車両本体価格:724万円

優雅な曲線を描くインパネに最新のインターフェースを融合。全車標準装備のレーダーセーフティパッケージには、車線変更を自動で行なう機能も備わり、先進的なユーティリティと安全性では他に先んじている。

前席シート高:530〜600㎜

本革シートが標準装備で、撮影車はオプションのエクスクルーシブパッケージに含まれる後席シートヒーターも備える。後席の膝前スペースは約200㎜と十分広いが、他車に比べるとシート座面が若干短い。

「E200 アバンギャルド」系は2.0ℓ直列4気筒直噴ガソリンターボを搭載。トランスミッションは9速ATで、変速のスムーズさも特筆すべき長所である。
5スポークの17インチアルミホイールを標準装備。ピレリCinturato P7は55 偏平で、他車に比べて乗り心地がソフト。
奥行き1140㎜ 最小値990㎜

ESとは逆に、幅よりも奥行きで容量を確保。大きな床下収納も備わる。後席は4対2対4分割可倒式で、操作レバーを荷室側に装備。最大奥行きは2060㎜となる。

BMW 5SERIES

ミラーtoミラー:2130㎜ 荷室開口高:650㎜

ホイールベースが長く、安定感のあるスタンスを実現。ミラーtoミラーは他車より大きめだ。撮影車はアクセサリーのMパフォーマンスパーツを装着している。

■523d M Sport
全長×全幅×全高(㎜):4945×1870×1480
室内長×室内幅×室内高(㎜):―×―×―
ホイールベース(㎜):2975
トレッド(㎜):前/後 1600/1595
車両重量(㎏):1700
エンジン型式:B47D20A
エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
ボア×ストローク(㎜):84.0×90.0
総排気量(㏄):1995
最高出力(kW[㎰]/rpm):140[190]/4000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):400[40.8]/1750-2500
燃料供給装置:デジタル-ディーゼル-エレクトロニクス
燃料タンク容量(ℓ):66(軽油)
トランスミッション形式:8速AT
変速比:前進 ①5.000 ②3.200 ③2.143 ④1.720 ⑤1.314 ⑥1.000 ⑦0.822 ⑧0.640 後退 3.456
最終減速比:2.929
駆動方式:FR
サスペンション:前 ダブルウイッシュボーン 後 マルチリンク
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク 後 ベンチレーテッドディスク
タイヤ・サイズ:前 245/40R19 後 275/35R19
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):21.5
車両本体価格:817万円

インパネのデザインとインターフェースは、良くも悪くも「変えない」ことを徹底。ハードを変えず、操作性を熟成させている。センターディスプレイはタッチパネル機能を兼ね、ジェスチャーコントロールにも対応する。

前席シート高:510〜550㎜

撮影車はオプションのコンフォートパッケージを装着しており、前席のベンチレーションやマッサージといった快適機能に加えて、バックレストの幅調整機能も装備。後席は膝前が約170㎜と他車より狭い反面、頭上は広くてゆとりがある。

「523d」系は2.0ℓ直列4気筒ディーゼルターボエンジンと8速ATの組み合わせ。単純比較はできないが、JC08モードで21.5 ㎞/ℓの燃費を実現している。
Mパフォーマンスパーツの20インチ鍛造ホイールを装着。ピレリP ZEROのランフラットで、前が35偏平、後が30偏平。
奥行き1150㎜ 最小値800㎜

内張りがホイールハウスからまっすぐ伸ばされているため幅が狭く、フロアは縦長な形状になっている。後席は4対2対4の分割可倒式。最大奥行きは約1980㎜だ。

JAGUAR XF

ミラーtoミラー:2090㎜ 荷室開口高:670㎜

一見そうは感じさせないが、全幅は四車の中で最も広い。全高が低いため視覚的に小さく見えやすいせいもあるだろう。最小回転半径は5.6〜5.7mと悪くはない。

■Prestige
全長×全幅×全高(㎜):4965×1880×1455
室内長×室内幅×室内高(㎜):―×―×―
ホイールベース(㎜):2960
トレッド(㎜):前/後 1605/1595
車両重量(㎏):1830
エンジン型式:204DT
エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
ボア×ストローク(㎜):83.0×92.4
総排気量(㏄):1999
最高出力(kW[㎰]/rpm):132[180]/4000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):430[43.9]/1750-2500
燃料供給装置:電子式(コモンレール)
燃料タンク容量(ℓ):66(軽油)
トランスミッション形式:8速AT
変速比:前進 ①4.714 ②3.143 ③2.106 ④1.667 ⑤1.285 ⑥1.000 ⑦0.839 ⑧0.667 後退 3.295
最終減速比:2.730
駆動方式:4WD
サスペンション:前 ダブルウイッシュボーン 後 インテグラルリンク
ブレーキ:前 ベンチレーテッドディスク 後 ベンチレーテッドディスク
タイヤ・サイズ:前 245/45R18 後 245/45R18
最小回転半径(m):5.6
JC08モード燃費(㎞/ℓ):15.5
車両本体価格:723万円

ロータリー式のシフトセレクターこそ特徴的だが、全体的なデザインとインターフェースは至ってオーセンティック。センターモニターはタッチパネルになっており、スワイプ操作やジェスチャー機能にも対応している。

前席シート高:540〜600㎜

トリムとカラーはグレード別に豊富にラインナップ。最上級グレードの場合は前後シートヒーター&前席クーラーが標準装備される。後席の膝前は約200㎜と広いが、ルーフラインの傾斜が強いせいか頭上スペースは他車よりも狭い。

3種類のエンジンが設定される中、主力となるのが2.0ℓの直列4気筒ディーゼルターボ。8速ATとの組み合わせで、FRと4WDがラインナップされている。
オプションの245/40R19にグッドイヤーイーグルF1を履く。その他にも多様な意匠のホイールが用意される。
奥行き1200㎜ 最小値800㎜

床下にスペアタイヤを備えるため若干上げ底になっており、開口部からフロアまでの段差が少ない。後席は4対2対4分割可倒式で、最大奥行きは約2100㎜。

ニューモデル速報 Vol.578 レクサスESのすべて

極上のエレガンス
待望の日本初上陸!
ドライビングインプレッション
ライバル車比較試乗
開発ストーリー
メカニズム詳密解説
デザインインタビュー
使い勝手徹底チェック
バイヤーズガイド
縮刷カタログ
スマホやパソコンで読める電子版付き!

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ