MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/12
  • GENROQ編集部

ボーダーがオシャレ! セントジェームスとコラボしたシトロエンC3の特別仕様車が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
シトロエンとフランスのカジュアルブランド、セントジェームスがコラボレーション。セントジェームスのスタイルにインスパイアされたボーダー柄を纏ったオシャレなC3が発売された。日本独自規格となる、C3特別使用車の第5弾だ。

ポップでカジュアルなコンパクトカーとして人気のシトロエンC3に、マリンテイスト溢れる限定車が登場した。フレンチカジュアルブランドの「SAINT JAMES(セントジェームス)」とのコラボレーションによって生まれたもので、同社のアイコンであるボーダーが取り入れられているのが特徴だ。

ルーフ中央部分には、独特のプレスラインのあるセンター部分にボーダーがあしらわれ、インテリアではフロアマットのパイピングがボーダーデザインとなっている。またCピラーにはセントジェームスのステッカーが装着されており、オシャレな雰囲気だ。


ボディカラーはコバルトブルー、サーブル(グレー系)、ブラン バンキーズ(ホワイト系)の3色で、ルーフとドアミラーの色が異なるツートーンとなる。コバルトブルーにはブラン オパール(ホワイト系)、ブラン バンキーズにはルージュ アデン(レッド系)、サーブルにはブラン オパール(ホワイト系)が組み合わされ、またボーダーの色とセントジェームスのステッカーもボディカラーによって色が変えられる。

ベースとなっているのはC3 SHINEで、1.2L直3ターボに6速ATの組み合わせ。衝突被害軽減ブレーキやバックカメラ、インテリジェントハイビームなど、装備も充実している。価格は256万円というから、ベース車両の10万円高となる。

現行のC3は個性的なフロントフェイスやボディサイドのエアバンプなど、独特のデザインと活発な走りが登場以来人気を呼んでおり、日本では2017年7月のデビュー以来、2000台を超える台数を販売している。一ヶ月あたりの平均販売台数は168台で、これは先代C3の55台の実に3.1倍だ。今までにも何台かの特別仕様車をリリースしてきたC3だが、今回のC3×SAINT JAMESはその第5弾で、日本でのみ販売される。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る