MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. 1シリーズ

フルモデルチェンジを受けて3代目となった新型「BMW1シリーズ」が上陸! 価格は「118i」の334万円から

  • 2019/08/29
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月29日、ビー・エム・ダブリューはフルモデルチェンジを受けて3代目に生まれ変わった新型「BMW1シリーズ」を導入し、同日より発売した。納車は11月以降が予定されており、消費税10%込みの車両価格は334万円〜630万円だ。

前輪駆動化で後席足元は40mm拡大し、荷室容量は380Lを確保

 ボディサイズは全長4335×全幅1800×全高1465mmで、ホイールベースは2670mm。「118iMスポーツ」とトップモデル「M135i xDrive」の全長は4355mmだ。

 新型では前輪駆動アーキテクチャーが採用されたことにより、居住空間が拡大。後席足元スペースは約40mm広がるなど、乗降性も向上している。荷室容量も拡大され、従来型比プラス20Lとなる380Lを確保。40対20対40の分割可倒式リヤシートのアレンジで、容量は最大1200Lに広げられる。

 標準グレードに位置付けられる「118i」には、140psと220Nmを発揮する1.5L直列3気筒ターボエンジンと7速DCTを搭載し、前輪を駆動。高性能版の「M135i xDrive」には306psと450Nmを引き出す2.0L直列4気筒ターボと8速ATが搭載され、四輪を駆動する。

 エクステリアでは、大型化された新世代のキドニーグリルや、くっきりとした4灯ヘキサゴナルLEDヘッドライトを採用し、より若々しいスポーティなルックスとなった。サイドビューでは、無駄を省いたプレスライン、リヤビューではリヤホイールを強調するような力強さが表現され、全体では端正な印象を放つ。新デザインのL字型テールライトも新型を特徴付けている。

写真は本国仕様。日本仕様は全車右ハンドル

 インテリアでは、インパネに5.1インチのメーターパネルや8.8インチのコントロールディスプレイを搭載したほか、スマートフォンのワイヤレス充電機能が全車に標準装備されるなど、新世代モデルを主張。オプションでヘッドアップディスプレイや、10.25インチディスプレイをふたつ備えたライブコックピットが選択できる。

 走りの面では、日本市場で発売されるBMW車としては初となるARB(タイヤスリップ・コントロール・システム)の採用がニュース。ARBは、エンジンコントロールユニットで直接タイヤのスリップ状況を感知し、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)を経由することなく、従来より約3倍の速さでその信号を直接エンジンに伝達する機能。前輪駆動車特有のアンダーステアを大幅に抑制し、より俊敏な走りに寄与する。

 そのほか、音声認識機能を備えたインチェリジェント・パーソナルアシスタントや、車載通信モジュールによるコネクテッド機能といった先進技術を採用。

 運転支援機能としては、新たにレーンチェンジウォーニングや後部衝突警報機能、クロストラフィックウォーニング(リヤ)、スピードリミット情報表示機能が追加されたドライビングアシストを、「118i」を除く全車に標準装備したほか、リバースアシストを備えたパーキングアシストを全車に搭載した。

※記事中の掲載写真はすべて「M135i xDrive」

●新型「BMW1シリーズ」モデルラインナップ
・118i:334万円
・118i Play:375万円
・118i Mスポーツ:413万円
・M135i xDrive:630万円
※価格は消費税10%込み

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ