MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

ヴェゼルとカブるCR-Vが苦戦? だったらいっそのこと兄貴分のパスポートを日本でも売ってほしい!〈ホンダの北米向けSUVに注目〉

  • 2019/11/07
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダの北米向けSUV、パスポート。日本メーカーの北米専用車って、なんでカッコ良く見えるのだろう?

セールス絶好調のヴェゼルに対し、今ひとつ伸び悩んでいるCR-V。ヴェゼルにはない3列シートの7名乗りをラインナップするとはいえ、なんとなくキャラクターがカブる印象は拭えず、そうなると割高感が際立ってしまう。こうなったら、いっそのこと北米市場で人気のパスポートを日本にも導入してくれたらいいのに、なんて考えてみたりして……。

 2018年夏に発売されたホンダCR-V。まだ一年しか経っていないのに、セールスはヴェゼルの影に隠れている印象が否めない。

 2019年度前半(4〜9月)の累計販売台数では、乗用車(登録車)全体の中でヴェゼルが15位の2万8829台だったのに対して、CR-Vは46位の5416台と奮わない。ちなみにライバルのトヨタRAV4は13位の3万9299台だ。

2019年の月間販売台数において、常にSUVカテゴリーの上位3位以内に入り続けているヴェゼル。

 理由はいろいろ考えられるが、おおざっぱに言ってしまえばCR-Vはヴェゼルとキャラクターがカブってしまうから、とは考えられないだろうか? もちろんサイズはCR-Vのほうがひとまわり大きいし、7名乗り仕様もラインナップする。クラスは明らかにCR-Vが上だ。

■ヴェゼル
全長×全幅×全高:4330×1770×1605mm
ホイールベース:2610mm

■CR-V
全長×全幅×全高:4605×1885×1680mm
ホイールベース:2660mm

 一方で、パワートレインはちょっと似通っている。

■ヴェゼル
直列4気筒1.5L
もしくは
直列4気筒1.5L+ハイブリッド

■CR-V
直列4気筒1.5L
もしくは
直列4気筒2.0L+ハイブリッド

 で、価格はというと……

■ヴェゼル
211万3426円〜295万6800円

■CR-V
329万100円〜444万1800円

 どうだろう? CR-Vにやや割高感があるというか、これならヴェゼルを選ぶという人が大半なのではないか?

2018年夏に発売されたばかりのCR-Vだが、日本市場でのセールスは奮わない。

 そこでCR-Vの兄貴分、アメリカ向けSUVのパスポートの出番である。

2018年11月のロサンゼルス・モーターショーでデビューした現行パスポート。

 エンジンは280psを発生するV型6気筒3.5L自然吸気のみのラインナップで、9速ATと組み合わされる。ボディサイズは下記の通り。

全長×全幅×全高:4840×1995×1834mm
ホイールベース:2817mm

 これならヴェゼルと悩む人なんていないだろう。もちろん日本では大きいサイズだけれど、欧州勢やレクサスなど、日本にも大型SUVのマーケットはそれなりの規模で存在するわけで、いかにもホンダの北米用モデルらしいバタ臭いアピアランスに惹かれるファンも少なくないはずだ。

 なにより、日本でCR-Vとヴェゼルで盤石の体制が敷けているのなら余計なリスクを負う必要はないけれど、ヴェゼルの一本足打法が続いている現状を考えれば……いかがですか、ホンダさん!

アメリカでの価格は3万1990ドル(約349万円)〜4万3680ドル(約477万円)。

インド仕様のスズキ・ワゴンRがステキ過ぎるから日本でも売ってほしいんですけれど〈室内も荷室も広い!〉|軽自動車ではありません

モノスペース的パーソナル軽自動車のパイオニアであるワゴンRは、言うまでもなく我が国に置いて圧倒的なセールスを誇る人気モ...

あわせて読みたい

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ