MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ボルボ|VOLVO
  4. XC60

ボルボXC60とBMW X3、メルセデス・ベンツGLCを徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉 |SUVレビュー

  • 2019/11/22
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ勢が主役を張るプレミアムSUVセグメント。そこへ殴り込みをかけたスウェーデンの雄、ボルボXC60は、独自のポジションを確立し、高い人気を集めている。ここではそんな実力派のXC60をX3やGLCといった強力なライバルと同じ俎上に載せ、ユーティリティやスペックを写真と数値で横比較してみたい。

TEXT●古川 裕(FURUKAWA Yutaka)
PHOTO●宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki)

※本稿は2017年10月発売の「ボルボXC60のすべて」に掲載された記事を転載したものです。車両の仕様が現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

VOLVO XC60

■XC60 T5 AWD Inscription
全長(㎜):4690
全幅(㎜):1900
全高(㎜):1660
ホイールベース(㎜):2865
トレッド(㎜) Ⓕ&Ⓡ:1655
車両重量(㎏):1850
エンジン型式:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):1968
最高出力(kW[㎰]/rpm):187[254]/5500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):350[35.7]/1500-4800
燃料タンク容量(ℓ):60
トランスミッション形式:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:Ⓕダブルウイッシュボーン Ⓡマルチリンク
ブレーキ:Ⓕ&Ⓡディスク
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):12.6
タイヤサイズ:235/55R19
車両本体価格(万円):679

TYRE&WHEEL

グレードによって18〜21インチのタイヤ&アルミホイールを標準装備。撮影車のホイールは、10本スポークの19インチ。

ENGINE

ガソリンエンジン車である「T5」の最高出力は254㎰。同じ排気量ながら2種類の過給機を搭載する「T6」の最高出力は320㎰で、両者の差は大きい。

INSTRUMENT PANEL

新しさのなかにもぬくもりを感じさせるインテリアデザインは、新世代ボルボの真骨頂。ナビやエアコンなど、多くの操作は中央のディスプレイで行うことができるため、物理的なスイッチ類は非常に少ない。また、メーターはフル液晶化されており、中央にはナビ設定時の案内も表示され、視認性に優れる出来栄えを誇る。

SEAT

「Inscription」に標準装備される本革シート(前席)には、ベンチレーション機能やマッサージが装備されるなど至れり尽くせり。なお、操作の一部はセンターディスプレイで行う。前後ともにふっかりと乗員を受け止める座り心地だ。

LUGGAGE ROOM

スクエアなラゲッジスペースは、6:4分割可倒式の後席を格納することによって、広さを調整可能。格納作業はラゲッジルーム内のスイッチひとつで完了するのも便利だ。また、エアサス搭載車は荷物の出し入れがしやすいように車高の調整もできる。

Mercedes-Benz GLC

■GLC 220d 4MATIC Sports(本革仕様)
全長(㎜):4670
全幅(㎜):1890
全高(㎜):1645
ホイールベース(㎜):2875
トレッド(㎜):Ⓕ1620 Ⓡ1615
車両重量(㎏):1970
エンジン型式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(㏄):2142
最高出力(kW[㎰]/rpm):125[170]/3000-4200
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):400[40.8]/1400-2800
燃料タンク容量(ℓ):66
トランスミッション形式:9速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:Ⓕ4リンク Ⓡマルチリンク
ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):16.2
タイヤサイズ:235/55R19
車両本体価格(万円):750

TYRE&WHEEL

軽快なフットワークをアピールするようなデザインの19インチホイールを履く。ハイブリッドの「350e」は20インチとなる。

ENGINE

撮影車両は2.2ℓディーゼルエンジンを搭載する「220d」。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドを用意するのは、XC60と同じ。

INSTRUMENT PANEL

インパネの印象はCクラスとほとんど同じで、SUVであることを感じさせない。特徴はなんといってもセンター上部に設置されたタブレットのような大画面ディスプレイで、走行モードの切り替えも表示される。その下に連なるセンタークラスターは全面ピアノブラックで、上質さとスポーティさを合わせ持つ。

SEAT

肌触りのいい本革を使用したシートは、ラグジュアリーでありながらドイツ車らしいしっかり感も持つ。クーペの場合はもちろん頭上空間が犠牲になってしまうが、通常モデルの後席スペースは充分。シートカラーはブラックのみとなる。

LUGGAGE ROOM

後席使用時で550ℓのスペースを誇るラゲッジルームには床下収納も用意され、使い勝手抜群。後席は4:2:4分割可倒式で、積載する荷物に応じて様々なアレンジが可能だ。もちろん、ラゲッジスペース側から後席を格納することができる。

BMW X3

■X3 xDrive20d M Sport
全長(㎜):4655
全幅(㎜):1900
全高(㎜):1675
ホイールベース(㎜):2810
トレッド(㎜):Ⓕ1615 Ⓡ1630
車両重量(㎏):1840
エンジン型式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(㏄):1995
最高出力(kW[㎰]/rpm):135[184]/4000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):380[38.7]/1750-2750
燃料タンク容量(ℓ):67
トランスミッション形式:8速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:Ⓕストラット Ⓡ5リンク
ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):18.6
タイヤサイズ:245/50R18
車両本体価格(万円):697

TYRE&WHEEL

撮影車両に装着されるのは18インチだが、17〜19インチのランフラットタイヤ&ホイールを設定。「M Sport」専用デザインのホイールだ。

ENGINE

2.0ℓディーゼルエンジンを搭載する「20d」以外に、出力違いの2.0ℓガソリンエンジンを積む「20i」と「28i」、そして珠玉の3.0ℓ直6エンジンを味わえる「35i」を用意。

INSTRUMENT PANEL

モデル末期(すでに本国では新型が発表済み)ということもあり、今回の3車種のなかでは最もオーソドックスなデザイン。とはいえ、BMWらしい水平基調のインパネには理路整然と各種スイッチ類が収められており、誰もが使いやすいと感じるはず。視認性にこだわったメーターにも、BMW流の哲学が込められている。

SEAT

ホールド感やかっちりとした座り心地などが、スポーティなBMWらしさを感じさせてくれる。後席のスペースは膝まわり、頭上ともに充分なもの。アイボリーホワイトのシート&インテリアを選べば、室内はぐっと華やかな印象が強まる。

LUGGAGE ROOM

ライバルであるメルセデス・ベンツGLCと同じ550ℓの容量を誇るラゲッジルームは、スクエアでとても使いやすい。後席は4:2:4分割可倒式で、中央部分だけ格納すればスキー板などの長尺物+4名乗車という使い方も可能だ。

モーターファン別冊・インポートシリーズ ボルボXC60のすべて

インプレッション
ライバル徹底比較
メカニズム詳密解説
卓越した安全装備
使い勝手チェック
プレミアムSUVの歴史
ボルボのオールラインアップ
開発者インタビュー
縮刷カタログ
ほか

おすすめのバックナンバー

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!?

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!? 一覧へ

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた!

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた! 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ