MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アウディ|AUDI
  4. A4

アウディA4とBMW3シリーズをのスペックやユーティリティを徹底比較 〈プレミアムDセグメント・ステーションワゴン〉

  • 2019/12/19
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ製プレミアムDセグメント・ステーションワゴンの主役を張るアウディA4アバントとBMW3シリーズ・ツーリング。ここでは、この2台のユーティリティやスペックを写真と数値で横比較してみたい。

PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

※本稿は2016年11月発売の「アウディA4/S4のすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様や道路の状況など、現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

AUDI A4

ホイールベース:2825㎜ 全長:4735㎜
全幅:1840㎜ 
全高:1435㎜

INSTRUMENT PANEL

全体的に直線を基調とした造形で、デザイン自体はシンプルな印象。写真の「sport」グレードはアルミ調の加飾が随所に施されており、フルグラフィックのバーチャルコクピット(オプション)の先進性と合わせて、スポーティかつ上質に仕上げられている。その他グレード間の機能系装備類はほぼ共通で、MMIナビゲーションも全車標準となる。

FRONT/REAR SEAT

「アトリウムクロス」というファブリックを採用。座面、背もたれともにたっぷりとした面積があるが、縦に大きく施されたスリット形状とランバーサポートによりホールド性は十分。また、前席の前後可動域は220㎜あるので、最適なポジションを確保できる。後席は身長180㎝のテスターが座って、頭上には拳を縦に1個、膝まわりには2個半のスペースがあり居住性は高い。

LUGGAGE ROOM

座り心地を重視した座面の厚みにより若干の傾斜が残るものの、4:2:4分割可倒式の後席を倒せば床面はほぼフラットになる。奥行の最小値(二列目使用時)は1050㎜で、最大値(一列目のみ使用時)は1870㎜、横幅の最大値は1260㎜とスクエアな形状と合わせて使い勝手は十二分だ。

ENGINE

1.4ℓの直4直噴ターボエンジンは最高出力150㎰を発生。トランスミッションは2.0ℓ車同様に7速Sトロニックが組み合わされ、駆動方式はFFのみ。JC08モード燃費は16.6㎞/ℓ。

TYRE&WHEEL

ベースグレードが16インチなのに対し、「sport」は17インチが標準。タイヤサイズは前後とも225/50R17で、MICHELIN PRIMACY3を装着する。

BMW 3series

ホイールベース:2810㎜ 全長:4645㎜
全幅:1800㎜
全高:1450㎜

INSTRUMENT PANEL

実用性に配慮し整然とレイアウトされたインパネまわりやドライバーに向けて傾斜させたセンターコンソール。すべての操作系、インフォメーションがドライバーに向けられたパーソナル感あふれる運転環境が整えられている。HDDナビゲーションや車線逸脱警告システム、衝突回避・被害軽減ブレーキなどの「ドライビング・アシスト」は全車標準。

FRONT/REAR SEAT

「Luxury」を除き全車ファブリックが基本となるが、撮影車の「M Sport」はオプションのダコタ・レザーを備え、運転席メモリー機能付きの電動フロントシートを標準装備する(A4 Avantは「sport」が運転席のみ電動でメモリー機能は非搭載)。前席の前後可動域はA4 Avantより25㎜多いものの、後席は頭上に拳1個、膝まわりに2個のスペースでA4 Avantよりは若干タイトな印象。

LUGGAGE ROOM

奥行の最小値は980㎜で最大値は1850㎜、横幅の最大値は1240㎜。サイズや形状など、使い勝手はA4 Avantに分がある。ただ、バックドア開口高は3 Series Touringの方が約100㎜低く、バックドアを閉めた状態でもガラス部分のみを開けて荷物を出し入れできるメリットも。

ENGINE

2016年5月に新世代ユニットへと移行した「320d」。最高出力190㎰の縦置き2.0ℓ直4ディーゼルターボエンジンはBMWお馴染みの8速ATとの組み合わせで、JC08モード燃費は21.4㎞/ℓとなる。

TYRE&WHEEL

「M Sport」の標準装着ホイールは18インチだが、撮影車はオプショ ンの19インチを装着。撮影車の装着タイヤはBRIDGESTONE POTENZA S001 RFTとなる。

モーターファン別冊・インポートシリーズ 最新アウディA4/S4のすべて

1.4TFSIとS4、オールロードも登場
ミドルセダンの新機軸

IMPRESSION
爽快な走りと環境性能を両立
UTILITY
アバントに見る優れた実用性
MECHANISM
最先端の安全性と好燃費の秘密

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!?

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!? 一覧へ

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた!

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた! 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ