MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

ENERGY SAVER 4は卓越したウエット性能と快適性を両立した低燃費タイヤの決定版か。 最強の低燃費タイヤ「ENERGY SAVER 4」をミシュランが発表!!

  • 2019/12/10
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ENERGY SAVER 4を囲む日本ミシュランタイヤ株式会社・代表取締役社長のポール・ペリニオ氏。

世界中で好評だったENERGY SAVER+の後継モデルENERGY SAVER 4がついに発表された。
新配合コンパウンドや新採用アンダートレッドラバーを用いることで従来品を大きく上回る、
ウエット性能と快適性、低燃費性能を手に入れているという。

 1993年に環境対応タイヤ「グリーンタイヤ」を日本初導入して以来、26年に渡り低燃費性能にこだわった製品を投入しつづけているのがミシュランタイヤだ。いわば低燃費タイヤのパイオニア的メーカーと言ってもいいだろう。

 そのパイオニアたるミシュランが12月10日、満を持して発表した新世代低燃費タイヤが「ENERGY SAVER 4(エナジー・セイバー・フォー)」である。ENERGY SAVER 4は2013年発売のENERGY SAVER+の後継モデルであり、従来品よりもウェット時のブレーキング性能や転がり抵抗性能が大幅に向上しているという。ちなみにENERGY SAVER+は欧州で開発され、グローバル展開されたが、ENERGY SAVER 4は日本で開発され、日本や香港などのアジア地域専売タイヤとなる。

ウエット性能に大きく貢献する「新配合コンパウンド」。
路面からの振動を抑制する「新採用アンダートレッドラバー」。

 ENERGY SAVER 4は新配合コンパウンドや新採用アンダートレッドラバーを用いることで従来モデルより、ウエットグリップ5.5%向上、パターンノイズ5%&ロードノイズ9%削減に成功しているという。

 ラベリング制度では転がり抵抗性能AA〜A、ウエットグリップ性能:b〜cを実現している。ちなみにこれだけの性能を有しながらも、価格は従来品とほぼ変わらない設定となるようだ。サイズは13〜16インチの計23サイズが用意される。発売は2020年2月1日からとなる。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ