MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スイフトスポーツ

スイスポとカタナのコラボ! ワイドフェンダーがド迫力のスズキ・スイフトスポーツ カタナ エディション【東京オートサロン2020】

  • 2020/01/10
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

幕張メッセのスズキブースに、痛快な一台が出現した。二輪の名車「カタナ」の名を冠したスイフトスポーツ、「カタナ エディション」の登場である。鮮烈なカラーリング、そして大きく張り出した前後フェンダーがド迫力! これは一見の価値アリだ。

二輪と四輪の競演! これぞスズキならではのスゴ技

 2018年のケルンショーで19年ぶりに復活を果たし、19年に発売されたスズキ・カタナ。言わずと知れた名車中の名車だ。

 そんなカタナの世界観をクルマに投影させたという、驚きのスイフトスポーツが登場した。

 まず目を惹くのは、カタナのイメージカラーでもあるシルバーのボディカラーとレッドのアクセント、そして「刀」のロゴだ。エッジの効いた二輪版カタナの面影がそこかしこに漂い、ただでさえスタイリッシュなスイフトスポーツがさらに精悍さを増したという印象だ。

 しかし、それにしたってこの迫力はスゴすぎる、と思ってよく見ると……

 とんでもなくフェンダーが叩き出されていたのだ!

 公式なアナウンスはないものの、片側で10cmは出ているように見える。かつてポルシェが開発したモンスターセダン、W124型メルセデス・ベンツ500Eを思い起こさせる。

 リヤフェンダーもこの通り。「オバフェン」と言いたくなるような、エボリューション感がたまらない。

 シルバーのボディカラーにオレンジがかったレッドの差し色が、精悍かつ華やかなアピアランスを生み出している。

 インテリアのモディファイはエクステリアほど大胆ではないが、レインボーカラーのアクセントが効果的にスペシャル感を演出している。

 そしてスイスポとカタナの両方の名が刻まれたプレートがスズキファンにはたまらない。

2019年に発売された新型カタナ。直列4気筒の1.0Lエンジンは148psを発生。幅広のハンドル、高めのシート、切り落とされたテールなど、いかにも現代的なストリートファイターという出で立ちだ。

 このスイフトスポーツ カタナ エディションはあくまで参考出品であり、今のところ市販化の予定はない。だがこのカッコよさにはただならぬものがあり、なにより二輪のカタナの熱狂的な人気を考えれば、多少プライスが高めになったとしても欲しいという人は多いはずだ。

 ぜひとも市販化を実現してほしい一台である。

実はスイフトスポーツ カタナは、19年にオランダで限定車として発売されている。ただしその限定車は、カラーリングとデカールのみのコスメティック・チューンにとどまっていた。今回はワイドフェンダーを与えられた本気のワークスチューンドだ。

ハスラー、バンディット、そしてカタナも? 同じ名前のクルマとバイク〈スズキ編〉(19年5月16日更新)

ホンダと並び、二輪と四輪の両方を手がけるメーカーとして知られているスズキ。ホンダほどではないけれど、スズキにも同じ車...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ