MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

日産スカイライン ユーザーレポート 燃費は?長所は?短所は? 日産スカイライン | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
R32型スカイラインGT-R。今回は結果的にR32 GT-Rのオーナーが一番多かった

日産スカイラインといえば、日本を代表するスポーツセダンである。かつては、2ドアクーペ、とくにレースフィールドで活躍した「GT-R」もスカイライン一族だった。Motor-FanTECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。

目次開く

現行V37型(2014年ー)

V6 turbo GT type P「燃費が悪いのは覚悟して。クオリティは高いから必ず満足すると思います」

R32型スカイラインGT-R

GT-R(標準モデル)「かっこいい。速い」

1990年式 GT-R「維持費はかかるがが得られるものはそれ以上」

1994年 GT-R「見つけたら買うしかないと思います」

総合評価:R32 GT-Rに惚れ込んだオーナーの満足度は満点

スカイラインGT(C10型ハコスカ)「ずっと見ていられるスタイル」

1983年前期 2ドアターボRS(R30型)「現行スカイラインの100倍カッコイイ」

スカイラインGTS-R(R31型)

総合評価:ヴィンテージとしてのスカイラインへの愛情があれば、楽しい

現行V37型(2014年ー)

 スカイラインは、国産車でもトヨタ・クラウンと並んで長い歴史を誇るモデルである。現行モデルは13代目(V37型)となる。

初代S1型/S2型(1957-1963年)
2代目 S5型(1963-1968年)
3代目 C10型(1968ー1972年)「ハコスカ」
4代目 C110型(1972-1977年)「ケンメリ」
5代目 C210型(1977-1981年)「ジャパン」
6代目 R30型(1981-1990年)「ニューマンスカイライン」
7代目 R31型(1985-1990年)「7thスカイライン 」「都市工学スカイライン」
8代目 R32型(1989-1993年)「超感覚スカイライン」
9代目 R33型(1993-1998年)
10代目R34型(1998-2001年 GT-Rは1999-2002年)
11代目 V35型(2001-2006年、クーペは2003-2007年)
12代目 V36/J50型(2006-2014年、クーペ2007-2016年、クロスオーバー2009-2016年)
13代目 V37型(2014年)

 かつては、「ケンメリ」「ジャパン」のように愛称で呼ばれたスカイラインだが、R30以降は愛称よりも型式で呼ばれることが多い。現行は、V37である。

 今回のアンケートでは、現行型は1台のみだった。

V6 turbo GT type P「燃費が悪いのは覚悟して。クオリティは高いから必ず満足すると思います」

ニックネーム:ぶち 年式グレード:V6 turbo GT type P 性別:男性(50代) 居住地域:和歌山県

排気量:3000cc トランスミッション:AT
平均燃費:5.8km/ℓ(片道10kmの通勤がメイン)
長所:トルクが太い。室内が静か。Boseサウンドシステムの音質がよい。
短所:マイナーチェンジしてすぐなのか、細かい不具合が多い。燃費が悪い(街乗り 6km/ℓ未満)。

評価
外観:★★★★☆ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★☆☆ 前車のV36 250GT が7km/ℓだったので、ある程度は想定範囲内
装備:★★★★☆ CarPlay やFLAC再生対応なのでよい 
満足度:★★★★☆ オーディオ画面で細かい不具合がなくなればいいが。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「燃費が悪いのは覚悟して購入してください。クオリティは高いクルマなので、必ず満足すると思います」

R32型スカイラインGT-R

 1989年に16年ぶりに復活した「GT-R」。2.6ℓ直6DOHCターボ(RB26DETT型)を搭載し、当時最新のAWDシステム(アテーサE-TS)で駆動した。レースでも大活躍して「GT-Rブランド」を確立した立役者ともいえる存在だ。1989-1993年だから、最終モデルでもすでに30年近く経っているにもかかわらず、愛されてまだまだ多くのクルマが現役で走っている。

GT-R(標準モデル)「かっこいい。速い」

ニックネーム:ぱーふり 年式グレード:標準 性別:男性(40代) 居住地域:群馬県

排気量:2568cc トランスミッション:MT
平均燃費:7km/ℓ(ほぼ通勤のみ)
長所:かっこいい。速い。
短所:燃費が悪い。低速トルク。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★★ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★☆☆☆ 
装備:★★☆☆☆ 
満足度:★★★★★ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「私のは古い型でした」

1990年式 GT-R「維持費はかかるがが得られるものはそれ以上」

ニックネーム:nurarihyon1 年式グレード:1990年式/GT-R 性別:男性(50代) 居住地域:神奈川県

排気量:2600cc トランスミッション:MT
平均燃費:8km/ℓ(月一の200kmくらいのドライブがメイン。A/C有り無しでの差はあまりない)
長所:明確な目標を達成するためだけに作られたスペシャルな車。ストレート6の滑らかなエンジンフィール。最近は街を走っていると結構目立つ。
短所:現在の車に比べるとボディ剛性が低い。乗車定員が4名。補修パーツが高額、欠品も多い。

評価
外観:★★★★★ 現代の車に比べすっきりしたボディラインで伸び伸びしている
室内:★★★★☆ ハザードの位置やA/Cの操作性に難あり。シートとステアリングは文句なし
走行性能:★★★★★ 30年前の車としては充分の動力性能
燃費性能:★★★☆☆ まあこんなもんでしょう
装備:★★★☆☆ 30年前の車ですから…
満足度:★★★★★ 今でも300万円くらいで名車が買える
このクルマの購入を検討している人にひと言
「維持にはお金がかかりますが得られるものはそれ以上だと思います」

1994年 GT-R「見つけたら買うしかないと思います」

ニックネーム:いそちゃん 年式グレード:1994年/GT-R 性別:男性(50代) 居住地域:山口県

排気量:2600cc トランスミッション:MT
平均燃費:約7km/ℓ
長所:何ものにも変えがたいこの所有感。
短所:なし。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★★☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★★☆ 
装備:★★★☆☆ 
満足度:★★★★★ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「もう中古車でしか入手できないでしょうが、見つけたら買うしかないと思います」

総合評価:R32 GT-Rに惚れ込んだオーナーの満足度は満点

 すでに20年以上経過したモデルになるが、R32 GT-Rにかけるオーナーの想いが伝わってくる回答だ。燃費と装備が現代の水準からしたら満足いかないのは、ある意味当然でそれがクルマへの愛情には影響を及ぼさない。結果、3名のオーナーは全員満足度「5」である。

ユーザーの平均評価
外観:5.0
室内:4.3
走行性能:5.0
燃費性能:3.0
装備:2.7
満足度:5.0

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ