MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. アコード

ホンダ・アコード新旧比較:変わったのはデザイン? サイズ? 燃費はどうだ?7代目、8代目ともパッケージングを比べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ホンダ・アコード

2月21日に発売された新型ホンダ・アコード。ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステムe:HEV(従来はi-MMDと呼んでいた)を搭載する上級Eセグセダンである。ライバルは、トヨタ・カムリ、MAZDA 6というところだろうが、先代アコードと比べるとどうなのだろうか?

少し小さくなった新型アコード

新型アコード

 4ドア・セダン人気が高くない日本ではともかく、グローバルで見ると、アコードはホンダの屋台骨を支える重要モデルである。北米・中国での人気は高く、新型10代目のセールスも好調だ。
 ようやく日本導入となった新型10代目アコードのパワートレーンは2.0ℓ直4DOHCにホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム(今回から「e:HEV」と呼ぶ。従来、i-MMDと呼称していたシステムだ)を積むハイブリッドのEXのみ日本導入である。生産はホンダ・タイ工場である。

ホンダ・アコードが10代目にフルモデルチェンジ! 2月21日に発売! 2モーターハイブリッド搭載で税込465万円

2月20、ホンダは全面改良を受けて10代目となった新型「アコード」を、2月21日に発売すると発表した。グレード展開は2モーター...

あわせて読みたい

 北米におけるアコードのライバルは、まずはトヨタ・カムリ、そして日産アルティマ、現代ソナタ、キア・オプティマ、フォード・フュージョンといったところだろうか。日本でも販売されているトヨタ・カムリとの比較はこちらを見て欲しい。

新型ホンダ・アコードvsトヨタ・カムリ 宿命のライバル、国内で激突!サイズ、燃費、価格を比べる。同門のインサイトはどうだろう?

新型アコードは10代目である。EセグメントFF4ドアセダンのど真ん中にホンダが投入する新型アコードは、北米では常にベストセ...

あわせて読みたい

 今回は、先代(9代目)アコードとの新旧比較をしてみよう。
 9代目アコードが登場したのは2013年。北米には2.4ℓ直4や3.5ℓ、3.0ℓのV6などもラインアップされたが、国内仕様はハイブリッドとPHEVのみだった。
 まずは、サイズを比べてみよう。

9代目アコードハイブリッドEX

9代目アコードハイブリッドEX 417万5926円(消費税は8%) 全長×全幅×全高:4945mm×1850mm×1465mm ホイールベース:2775mm

新型ホンダ・アコードEX 465万円

新型ホンダ・アコードEX 465万円 全長×全幅×全高:4900mm×1860mm×1450mm ホイールベース:2830mm

 こうしてみると、新旧ともに全長4.9m級と堂々たる体格だ。
トヨタ・クラウンが
全長×全幅×全高:4910mm×1800mm×1455mm
ホイールベース:2920mm
 だから、アコードの方が少し大きい。ただし、FRのクラウンと違うプロポーションなのはアコードがエンジン横置きのFFだからだ。
 先代と新型のパッケージング比較をしてみよう。

上が先代、下が新型アコードだ

 こうしてみると、新型はホイールベースが延びて(+55mm)フロントとリヤのオーバーハングが切り詰められ、スポーティなスタンスとなっている。Aピラーの下端が後方へ移動したこともそう見える要因だろう。
 フロントオーバーハングを切り詰められたのは、パワーユニットをコンパクトにできたからだ。
 IPU(インテリジェントパワーユニットは、先代は後席背面に配置されていたが、それを後席下に移動したことで、トランク容量は573ℓになった。
 ホイールベースの延長によって後席の足元広さは70mm、膝周り空間は50mm、先代よりも拡大している。 
 また、拡大を続けてきた全長が、新型で若干(-45mm)小さくなったのも特筆すべき変化である。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ