MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. フィット

ホンダ新型フィットのメカニズムを徹底解説!数値第一主義から脱却し、心地良さのためにホンダ技術陣はなにをしたのか?

  • 2020/04/08
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの屋台骨を支える主力車であるフィットのモデルチェンジは、開発陣にとってもやはり特別な仕事のひとつだろう。i-MMDの小型化や、レーダーを使わずに構築された新方式のホンダセンシングの採用、ボディやサスペンションも、感性に訴える性能を与えるためにホンダ開発陣の持てる総力を結集して作り上げられた。

REPORT●安藤 眞(ANDO Makoto)
※本稿は2020年2月発売の「新型フィットのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

数値だけにとらわれず快適空間を構築

これまでのモデルチェンジでは「従来モデルや競合他車より少しでも広く」ということに意識が向きがちだったが、新型は数値偏重から脱却。「ドライバーにとっての心地よい空間とはどういうものか」という視点で開発を行なった。

体格を問わず最適な運転姿勢がとれる

ステアリングの基準位置を14㎜ドライバーに近付け、足首の窮屈感を解消。HV仕様はブレーキペダルの位置も修正されているが、ガソリンエンジン仕様はマスターバックの位置が変わっていないため、修正は見送られた。

メーター輝度をリニアに切り替えどんな状況でも見やすく

新型フィットは全グレードにメーターバイザーのないTFT 液晶メーターを採用。周囲の明るさに関わらず良好な視認性が確保できるよう、バックライトの明るさ制御を2段階から無段階へと変更している。

熱対策も施された充電装置

スマートフォンの充電機には、ワイヤレスチャージャーを新採用。出力は15W(約1.25A)と、USBポート並みを達成している。充電によって生じる発熱対策には、専用の冷却ファンが設定されており、過熱による充電停止を回避。

死角が少ない広い視界が安全運転に貢献

従来型はフロントガラス越しの見開き角が69度と狭く、三角窓との間に太いAピラーがあったが、新型はAピラーを極細化。左右の目の視差で死角ができないようにすることで、実質見開き角90度を実現。歩行者が死角に入る時間も短くなった。

バイザーなしでも反射せず視認性の高いメーター

メーターはバイザーも曲面レンズも廃止したため、外光の反射対策が必要となった。そこでメーターの角度をドライバーの視線に正対しないよう10度上に向け、表面にはアンチリフレクション加工を施した。

あえて表示項目を抑えて直感的にわかりやすく

フル液晶メーターは表示内容の設定自由度が高いため、ややもすると表示要素を詰め込みがちになるが、新型フィットはあえてシンプルな表示にできるモードを設定。表示内容の変更も、ステアリングスイッチで簡単にできる。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ