Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. リーフ

日産リーフ e+ G(62kWh) 航続距離を気にしなくていいEVになったリーフ。今度は別の気になることが……

このエントリーをはてなブックマークに追加
日産リーフ e+ G(62kWh)車両価格○499万8400円

日産リーフ e+(イープラス)は、バッテリー容量を40kWhから62kWhへ拡大したモデルだ。WLTCモードで一充電走行距離は458km。現行リーフの完成形とも言うべきリーフe+に試乗した。

400km走れたら、充電器のことは気にならない

WLTC交流電力量消費率:161Wh/km 一充電走行距離WLTCモード:458km

 初代リーフが発表されたのは2009年8月。日産がEVに社運を賭けたと当時、みなが思ったものだ。いわゆるEarlyAdapterである筆者は(単なる新しモノ好き)、とりあえず日産のリーフの予約サイトに登録したのを憶えている。発売は2010年12月だった。世界初の量産EVとして華々しく発売されたが、その後の経緯は皆さんご存知のとおり。
 原子力発電前提の深夜電力を使うことで、当時のEVの普及シナリオは描かれていたはずだ。その前提が2011年の東日本大震災でもろくも崩れ、リーフは国内では計画通りのセールスをあげられていない。
 新しモノ好きもあって、初代リーフは何度も試乗させていただいた。ロングドライブもしてみたし、少し長くお借りしてEVのある暮らしの真似事もさせてもらった。
 だから、基本的にEV肯定派である。モーター駆動の気持ちよさを知ってしまうと、エンジン駆動が古臭く感じされるし、その静粛性の高さも魅力だ。電力の電源構成を考えるとEVが必ずしもCO2削減できるわけではないことも理解しているが、国のエネルギー政策の是非を考えながらクルマを選んだり乗ったりする人は少ない、要はクルマは「カッコいいか、経済的か、使い勝手はいいか、気持ち良いか」である。

全高が1565mmあるから、ボディのボリューム感はかなりある ボディ色はイメージカラーのプレミアムコロナオレンジ/スーパーブラック2トーン8万2500円
 初代リーフのデザインもわりと好きだったし、未来的なインテリアも好感を持てた。問題は「航続距離」。そしてそれにともなう「充電」だった。仕事柄長距離ドライブをする機会が多いし、それに対して充電器は少なかった。電池容量も小さく、フル充電しても走れる距離は短かった。だから、リーフを選べなかった。

全長×全幅×全高:4480mm×1790mm×1565mm ホイールベース:2700mm
トレッド:F1530mm/R1545mm 最小回転半径:5.4m
車重:1680kg 前軸軸重960kg 後軸軸重720kg
モーター形式:交流同期モーター モーター型式:EM57 定格出力:85kW 最高出力:218ps(160kW)/4600-5800rpm 最大トルク:340Nm/500-4000rpm 40kWh仕様のモーターは同じEM57型だが最高出力:150ps(110kW)/3283-9795rpm最大トルク:320Nm/0-3283rpmとなる

 じゃあ、航続距離に心配がなくなれば、リーフは買いなのか? それを確かめるためにリーフe+を借り出した。

 現行2代目リーフは2017年に登場。62kWh仕様のe+は2019年1月に発売されている。
 横浜の日産グローバル本社の地下駐車場でリーフe+を預かったとき、航続距離は「393km」となっていた。WLTCでも航続距離が458kmだから約86%。まぁそんなもんだろと思ってハンドルを握る。
 2代目になって、ずいぶんとスタイリッシュになったリーフ。普通になったとも言える(個人的には初代、好きです)。座ってシフトレバーを初代と同じように操作して走りだすと初代と同じようにスーッと動いた。

室内長×幅×高:2030mm×1455mm×1185mm
175cmの人が前後に座ると、後席膝周りにはこぶしひとつ分の余裕がある。が、着座位置が高いので、やや違和感がある
e+ Gのシートは本革表皮だ

 乗った感じは初代とよく似ている。それもそのはずで、2代目は初代のプラットフォームをキャリーオーバーしている。EM57型モーターも基本は同じ。違いはアクセルを離したときに、グーっと強い回生ブレーキがかかる「e-Pedal」を採用していることだ。
 今回の試乗中、「航続可能距離+走行距離」は概ね「400km」となっていた。走り方、エアコンのON/OFF(ONにすると10-15kmほど航続可能距離が短くなる。が、その程度で済むのも現行型の良いところ)で多少変わるが、「e+なら400km走る」ということでいいと思う。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ