MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. TOPICS

真相解明! やっぱり「あおり運転=免許取り消し」報道は間違いだった件! 「あおり運転」厳罰化の中身が判明! 免許取り消しは著しい交通の危険を生じさせた場合のみ!【交通取締情報】

  • 2020/05/06
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

今、国会は、まさにコロナ一色。当然と言えば当然だが、ところで警察庁が今国会に提出した「あおり運転」法制化法案はどうなりました?

免許取り消しになると、欠格期間は3年~10年に!

「道路交通法の一部を改正する法律案要綱」
第三 悪質・危険運転者対策の推進に関する規定の整備
一 妨害運転に対する罰則の創設(第百十七条の二及び第百十七条の二の二関係)
(一)他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反行為であって、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある方法によるものをした者に対する罰則を創設する。

(二)(一)の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた者に対する罰則を創設する。

二 運転免許を受けることができない期間等に関する規定の整備(第九十条、第百三条及び第百七条の五関係)
公安委員会は、運転免許を受けた者が一の(二)の行為をしたときは、その者の運転免許を取り消す
ことができることとするとともに、三年以上十年を超えない範囲内で当該処分を受けた者が運転免許を受けることができない期間を指定すること等ができることとする。

三 運転免許の効力の仮停止に関する規定の整備(第百三条の二関係)
一の(二)の行為をし、よって交通事故を起こして人を死亡させ、又は傷つけた場合について免許の効力の仮停止の対象とすることとする。

 この3月、警察庁が今国会に「あおり運転」の法制化を含む「道路交通法改正法案」を提出したのは既報通り。事実、警察庁のホームページにも掲載されている。当初は、「コロナ騒動」のドサクサにまぎれ、すんなり通過するのでは? という見方もあったが、やはりそれどころではないのか、さっぱり話題にものぼらない始末だ。

 ちなみに、公開されたその「法案」(上記)を検証してみると、1番気になっていた「罰則はどうなるのか?」、特に各メディアのほとんどが、「とにかく、あおり運転で検挙されると即、免許取り消し」というニュアンスで伝えていた報道が間違いであったことが判明。免許が取り消されるのは「あおり運転をした結果、交通に著しい危険を生じさせた場合のみ」だったのだ。

 前回の記事では、「うっかり前車との距離を詰めてしまい、あおり運転で検挙されたとしても免許取り消しになるの? それがあおり運転であるということを誰が判断するの?」という疑問を投げかけたが、これですっきり。もちろん、それでも「冤罪」を生む可能性がないわけではないだけに、とにかく、双方が納得するような運用を心がけてほしいものだ。

  この改正法、当初は「早ければこの夏(8月?)施行」ということだったが、一体、どうなることやら。参考までに、昨年12月に施行された「ながら運転」の罰則強化は、4~5月に国会を通過し、6月に発布されている。

正しい交通取り締まり情報は、こちら!

緊急提言!! 中身の曖昧さに危険な香りがする「あおり運転」の超強化罰則が、この夏、早くも実践される!?【交通取締情報】

3/3、「あおり運転」の法制化及び罰則強化を含む道路交通法の改正が、早くも閣議決定された! 警察庁が改正試案を公開したの...

あわせて読みたい

えっ? 即、免許取り消し!? 警察庁の「あおり運転厳罰化」の基本方針発表に関する各種報道に隠された真実を読み解く!【交通取締情報】

すでに新聞などの各メディアで報道されているが、警察庁がマスコミ向けに、2020年に国会に提出予定の「あおり運転」に関する...

あわせて読みたい

令和2年、ついに「あおり運転」の罰則も強化へ! どうなる!? 令和時代の交通取り締まり! PART2【交通取締情報】

2020年度(令和2年)中に「交通事故死をゼロにする」という目標達成に向け、今、警察庁を中心に、交通取り締まりの強化体制が...

あわせて読みたい

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ