MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. タイカン

ポルシェ初のピュアEVスポーツ「タイカン」の価格発表! エントリーグレードの「4S」は税込1448万1000円

  • 2020/06/05
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

6月5日、ポルシェジャパンは2019年に発表した同社初のピュアEVスポーツモデル「タイカン」の、国内販売価格を発表した。税込車両価格はエントリーグレードの「タイカン4S」が1448万1000円、中間グレードの「タイカンターボ」が2023万1000円、そしてトップグレードの「タイカンターボS」が2454万1000円だ。

他の市場ではオプション扱いとなる「アダクティブクルーズコントロール」をはじめとする先進機能を標準装備

 タイカンはポルシェの伝統を忠実に受け継いだスポーツカー。ステアリングを通じて得られる安心感、安定性の高いハンドリング、快適な乗り心地などもポルシェの各モデルに共通した特徴だ。これらは高剛性かつ軽量なボディ、低重心設計、卓越したエアロダイナミクス性能などにより生み出されるもの。

 電動化されたドライブトレインにも革新的な技術が採用されている。2基の永久磁石シンクロナスモーター、世界最高レベルの高速充電を実現する800Vの電圧システム、リアアクスル用に新開発された自動切換式2速トランスミッションは、その代表例だ。

タイカンターボSに搭載するモーターは2基合計で625ps/1060Nmを引き出す(オーバーブースト時は761ps)。O-100km/h加速を2.8秒でこなし、260km/hの最高速を実現。航続距離は最大412kmだ。

 デジタル時代への対応は、タイカンの開発に際してもっとも重要とされたテーマのひとつ。ドライバーの正面に位置するインストゥルメントクラスターはポルシェ初となるフルデジタル式としたほか、ホーム画面からすべての機能に直接アクセスできるオペレーティングシステムも新たに採用。助手席正面には10.9インチのフロントパッセンジャーディスプレイがオプション設定されており、すべての乗員にとって使いやすく便利なインターフェイス環境が整えられている。

タイカンターボに搭載するモーターは2基合計で625ps/850Nmを発揮(オーバーブースト時は680ps)。3.2秒の0-100km/h加速タイムを実現し、260km/hの最高速をマーク。航続距離は最大450km。

 これらに加えてポルシェジャパンでは、日本仕様のタイカンにレーンチェンジアシスト、アダプティブクルーズコントロール、サラウンドビュー付パークアシストなど他のマーケットではオプションとなる多くの装備を標準で搭載している。

タイカン4Sに搭載するモーターは2基合計で435ps/640Nmを発揮(オーバーブースト時は530ps)。0-100km/h加速タイムは4.0秒をマークし、最高速は250km/h。後続距離は最大407kmだ。

●「ポルシェ・タイカン」モデルラインナップ
・タイカン4S:1448万1000円
・タイカンターボ:2023万1000円
・タイカンターボS:2454万1000円
※価格は消費税込みで、価格にはポルシェモバイルチャージャーコネクト(充電器)が含まれている。

ポルシェジャパンが独自の充電インフラネットワーク展開を発表! 東京・名古屋・大阪にポルシェターボチャージングステーションを用意

ポルシェジャパンは6月5日、ポルシェ電気自動車オーナー向けに、急速充電器をはじめとする独自の充電ネットワークを、日本全...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ