MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. レクサス|LEXUS
  4. IS

[毎週月曜日朝更新企画]自動車業界ウラ分析「レクサスISがフルモデルチェンジしなかった理由にマツダのFRの影」 次期レクサスISの姿は…ISがフルモデルチェンジしなかったのは、次期モデルでマツダFRへの合流を決めたから!?

  • 2020/06/22
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサスISが2020年6月、デビュー7年目にビッグマイナーチェンジを受けた。TNGAのFRプラットフォームであるGA-Lがすでにあるにもかかわらず、マイナーチェンジでモデルライフを延命した。なぜか? ベテラン自動車ジャーナリスト牧野茂雄が周辺情報を積み重ねてウラ事情を解説する。次期レクサスISは、マツダのFRプラットフォーム、「ラージ・プラットフォーム」に合流する!?
TEXT◎牧野茂雄(MAKINO Shigeo)

なぜレクサスISは、LS/LC、クラウンのGA-Lプラットフォームにならないか?

新テストコースで徹底的に走りを鍛えた新型レクサスIS登場! 日本発売は2020年秋

新型レクサスISが世界初公開された。マイナーチェンジモデルではあるのだが、変更点は多岐にわたる。主な内容は走行性能の熟...

あわせて読みたい
大規模なマイナーチェンジを受けたレクサスIS。

 アメリカはトラック王国。セダン系の売れ行きはジリ貧……この状況のなかでトヨタは、レクサスISのMC(マイナーチェンジ)を行なった。年次改良よりもコストをかけたMCだ。狙いは次のFMC(フル・モデルチェンジ)までの「つなぎ」としての商品需要延命。あと3〜4年は「これで売る」という姿勢が見て取れる。では、次の世代のISはどうなる? セダン系ジリ貧のいま、いかにプラットフォーム(基本骨格)を複数モデルで共有しようとも、単一モデルとしての投資回収には時間がかかる。しかもプレミアムセダンが売れなくなりつつある。そこで思うことは、ひょっとしたら次期ISは、マツダが開発を進めているFRプラットフォームを採用するのではないか、ということだ。FR化される次期アテンザの発売は2023年と予想される。MC版ISのFMCが3〜4年後だとすると、まさにタイミングは合う。

上がマイナーチェンジを受けたレクサスIS、下が登場が待たれるマツダのFR(Vision Cpupe)。

 アメリカで言うトラックはピックアップトラック、SUV、ミニバンのことだ。日本ではSUVもミニバンも乗用車に数えるが、アメリカでは車両重量3.5トン以下のこれらカテゴリーはトラックのなかのライト(軽量)トラック=LTとしてカウントされる。その理由は、かつてはこの3カテゴリーのモデルはすべて、小型トラック用ラダーフレームの上にボディを架装していたためだ。3.5トン以上の車両、たとえば大型トラック・バスなどは、日本で報道される全米新車販売台数には含まれていない。

 昨年の全米新車販売台数は約1732万台。このうちLTは1198万台を占める。セダン、ハッチバック、ステーションワゴン、クーペなど、いわゆる乗用車は534万台。LT比率は69.2%である。つまり、ざっと数えて新車10台のうち7台がトラック系だ。セダンの需要は企業が社員に「給与の一部」として貸与するカンパニーカーや、子育ての象徴であるミニバンを通勤に運転したくない人などだ。「一家に一台」の日本では5ナンバー規格の3列シートミニバンを選ぶ家庭が多いが、アメリカでは「あり得ない選択」になりつつある。

 そして、セダンとミニバンの需要を奪っているのがクロスオーバーSUVである。伝統的なSUVは悪路走破性が重視されるが、クロスオーバーSUVは「舗装路中心のSUV」だ。そのほとんどが乗用車と同じモノコック(応力外皮構造)ボディで作られる。クーペとSUV、ミニバンとSUVなど、SUVにほかのカテゴリーの特徴を掛け合わせるからクロスオーバー(交差)であり、現在はこのタイプが増えた。モデル数が増え、顧客をセダンから奪った。

 トヨタはかつて、FFセダン「カムリ」をアメリカで年間45万台を売っていた。これと同じプラットフォームを持つアヴァロン、レクサスESおよびハリアーを合わせると70万台を超えた。一方、FRのレクサスISは、2000年に米国で発売されて以降、もっとも売れた2007年が5万4933台(オートデータ社調べ)、昨年は1万4920台。ピーク時の27%という実績だった。過去を振り返ると、FMCした年で5万台、顧客向けのキャッシュバックや下取り車のローン完済肩代わりサービスを行なってもFMC直前には年間3万台を割り込むという状況だった。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ